奇跡のメダル


パリの親友より頼んでいた「奇跡のメダル」が届きました。
                         medaille miraculeuse


ものすごく頑張っている方なんだけど中々治らない怪我に悩まされているので
このメダルの力をお借りしようと思って取り寄せました。

効き目がありますように☆

他愛もない幸せ

yuichi,norichan,ai and myself fooling around

ちょっと前になりますが、父の80歳のお誕生日を家族全員でお祝いしました。
皆でお食事しながらこんな事をスマホで出来るのよ、と春には中学生になる姪が教えてくれて
皆で色々な事をして楽しみました!

別にどうってことないといえば、他愛もないことなのですが、
こんな事で皆で童心に返って仲良く笑いあえるって幸せだなぁって思いました。
両親も「みんながこうして仲良くして笑い合っている姿を見ているのが一番嬉しい」と。

子供達から父へのプレゼントは今回は物ではなく、
最近私がお世話になっているオステオパシー通いのチケット9回分★

健康が一番!!
これからも幸せに長生きして欲しいです♡

Super-Blue-Bloody Moon !!

郁子さんからの皆既月食

昨晩の皆既月食です!
これは友人が送ってくれたもの。
スゴイですね。
こんな色の月を見たのは初めてです。
火星みたい!!

これを見ると過去の嫌な事が全て流されて、体調も良くなるとのことですので
ベランダに出てしばし見上げて、お願い事までしてしまいました☆(笑)

そしてこれが末の弟から送られてきた画像です。

                          皆既月食

周りの小さな星も美しく輝いているのが見えますね!
やっぱり良いカメラで撮ると私のスマホなんかとは違います(当たり前!笑)

どちらの写真も天文図鑑にありそうですね。

弟の方は映画のワンシーンでも使えそうね☆

月や星ってなんて神秘的なのかしら・・・

イスラエル大使歓迎晩餐会


1月はあっという間に過ぎてしまいました!
毎日時間が経つのが早すぎて、のんびりペースの私は先週息切れして2日間ダウンしましたが、
よくよく考えると2日も貴重な48時間を寝て過ごしてしまったわ~~(涙)
皆さまはインフルなど大丈夫でしょうか?

おととい、日本ーイスラエル商工会議所主催のヤファ・ベンアリ大使の歓迎晩餐会に出席して参りました。
大使の力強いメッセージに感銘を受け、その後大使にもご挨拶させて頂きました。
また素敵な出会いもありました。

                    イスラエル大使歓迎晩さん会

そしてその前は新宿朝日カルチャーセンターで
中野雄先生が主宰されている「クラシック音楽を生涯の友に」というご講座を聴講させて頂きました。
そこで若い笹沼樹さんという素晴らしいチェリストの演奏を聴き、とても感動しました。
いつか共演してみたいなぁ・・・

そういえば先日素晴らしい演奏を聴いたヴァイオリンの毛利さんも現役の慶應生だったし、
笹沼君も学習院を卒業したばかりだというし、何も音大に行かないでも才能のある人はキャリアを積めるのですね。
音大を選ばなかった理由はどこにあるのだろう。
聞いてみたいです。
こういう風に様々な垣根を取っ払って独自のスタイルを築けるとどんどん素晴らしい芸術家が生まれるのかもしれませんね!

往年の演奏家の演奏


先日ディスクユニオンに行ったことを書きましたが、その時に沢山買ったCDの中に
アルフレッド・コルトーが公開レッスンをしている様子を収めた3枚組CDがあり、
それを聞いていますが、コルトーの音楽に対する造形の深さ、解釈が垣間見れてとても
参考になります。
レッスン風景もとてもインスピレーション溢れるもので、まるで物語を聞かせるような調子で
曲の雰囲気、イメージを伝えていくのを聞いていますと、遠い昔のパリでムニエ教授からレッスンを
受けていた時の事と何故か重なったりもします。

                Cortot CD


フランス語というのは何て誌的な言語なんだろう!と
今更ながらのようにうっとりと感心しながらCDに聞きほれています。

ーーFBでコルトーのレッスンCDを買ったことを書きましたら
友人のO君が「彼のベートーベンのソナタを聴いたことありますか?なければ送りますよ!」と
言ってくれ、、おととい届きました!
ありがとうO君!!

今日は評論家のA先生からギレリスのバッハ=シロティのプレリュードを送って頂きました。
これまたコルトーとはスタイルは全く違うけれどもとても崇高な演奏で、往年の素晴らしい演奏家というのは
皆が皆、それぞれのスタイルと言うものを持っているところが素晴らしいですね!
忙しい現在とは違い、情報も簡単には手に入らない時代、真摯に音楽と向き合って思索する時間だけは
沢山あったことがやはり今とは違うのでしょうね。
もちろん、現代に生きている恩恵は有難い事だけれども、それでも時として周りの音をシャットアウトし、
自分と音楽とだけ静かに向き合う時間をもっと作ることが大切なんじゃないかと思います。

それにしてもコルトーの演奏で残念なのは、ソナタの途中で何故かばたっと演奏が中断されてしまい、
次の楽章に移っていってしまう事!!
まさかインスピレーションまかせに演奏していたとは思えないのだけれども、一体どういうことなのでしょう。
O君に確かめてみなければ!!

sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
寺田まり 倉敷セカンドピアノコンサート 日時: 2018年 3月11日(日) 14:00開場 14:30開演 場所:倉敷公民館      倉敷市本町2-21 チケット等のお問い合わせ:”絆”プロジェクト 寺田まりコンサート事務局 関東...090-8510-5627(長野) 関西...090-9541-5240(大北) チケット:前売り..大人3000円、高校生以下1000円      当日....大人3500円、高校生以下1500円  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle