FC2ブログ

曲と必死に向き合ってます!

世間が10日間のGWと喜んで楽しいムードに包まれている頃から
私はこのような楽譜の山と格闘中でした(現在進行形!)

                     楽譜の山

毎年この時期は恒例のTrinity Music Grade Examで受験者たちの伴奏をするので
大量の楽譜と必死の譜読みをしながら、レッスンと合わせのリハーサルでこちらも受験生並みの練習量となります。
今年はそしていつもに増してチャレンジングな曲が多いので、時間との戦いです。

写真の上半分がTrinity伴奏用楽譜。

下半分は私自身の曲。
9月にリサイタルがあるのですが、ほぼ全曲新曲!!
久し振りにこんな無謀なことをしてしまったのですが、素敵なプログラムができることを思えば妥協したくなかったので。

昨日は9時間ぶっ続けで生徒のレッスンと伴奏合わせ。
流石にその後は自分の曲の練習をする予定が全然だめで、仕方ないので少しだけ事務仕事をしたあと、
これまた9時間寝てしまいました!

今月中は密の濃い月になりそうです。
しっかりとプラン立てて勉強しなくては!

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
2019年5月 Trinity Music Exam Accompaniment  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle