FC2ブログ

台風の日のカルテット

今年は台風や自然災害の発生率が高くて一体どうしてしまったのでしょう!

おととい、関東にも台風24号が上陸し、友人宅のエリアでは停電や断水があったそうでした。

このところ、私はお籠り生活し、ひたすら練習をしていましたが、
唯一、カルテット・アマービレという若く優秀な弦楽四重奏団の演奏をずっと
楽しみにしていましたので、長靴にレインコートという重装備で出かけました。

幸い都立大のパーシモンホールでしたので、急いで演奏だけ聞いて帰ってくれば大丈夫!と。

ホールのシートに身をうずめるとなんと岩崎淑先生が前の席にいらっしゃる!
休憩中、先生の所へ駆け寄ると、つい2日前にこのカルテットをプラハの音楽祭へお連れになったそうで
少々お疲れのご様子にもかかわらず、相変わらず素敵な装いでいらっしゃり、自分の格好をみてはずかしくなってしまいました!
常日頃から美しい装いをするという心掛けをしないといけないですね^^;)

プログラムの1曲目はハイドンの77番「皇帝」。
現在のドイツ国歌であるメロディーがこの曲の2楽章に用いられていて、
久し振りにこの美しいメロディーを聞きながら、このような旋律を国歌を持つドイツへの思いがあふれてきて、
涙を抑えるのに大変でした。

続いてドビュッシー、そしてラヴェルが演奏されましたが、
なんとも質の高い素晴らしい音楽性をもったこのカルテットの演奏に感銘を受けました。

                                Quartet Amabile


特にチェロの笹沼樹さんは今年の春に朝日カルチャーでたまたま初めて演奏に接する機会があったのですが、
その表現力の素晴らしさにすっかり心を奪われていましたので、今回も実は彼の演奏がお目当てでした。
彼の演奏はなんとも私の感性にぴったりくるものがあって大好きですが、
他のメンバーの方々もそれぞれに素晴らしかったです!

家に戻ると、まるでそれが合図であったかのように、いよいよ台風到来となりました。
ふぅ、危機一髪!

先週倉敷のコンサートでお世話になっている方からの巨峰を頂きながら
演奏会の余韻に浸っていました。
                        ぶどう!

ムラケさん、ご馳走さまでした!

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
2019年2月16日(土) 寺田まりピアノリサイタル 会場:熱田神宮 (名古屋) 詳細は後日発表します  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle