FC2ブログ

Brexit (イギリス脱EU) 問題についてのレクチャーを聞いて

先日、鎌倉YMCAにてSimon Clay氏による、イギリス脱EU (Brexit)ついての話を聞いてきました。
                   kamakura YMCA

2年前の2016年にイギリスが離脱を国民投票で決めた時には恐らく多くのイギリス人の人たちすら
思いがけない結果に驚いたのではないかと思われましたが、
いよいよ来年3月に実行に移す時が迫ってきて、イギリスでは大変な混乱ぶりだそうです。

                           Simons lecture

とても興味深かったのは離脱推進派が当時行っていたいくつかのキャンペーンのありかたでした。
そのスローガンの紹介がありましたが、どれもソビエト時代のプロパガンダを思わせるようなものばかりで、
しかも今になり、"We have been misinformed「私たちには正しい情報を与えられていなかった」と
後悔している人が多いらしいという話を聞きながら、オールェルの”1984”を思い出していました。

与えられる情報をうのみにするのではなく、自分たちでも大切な情報は取りに行く必要性を改めて
思わされました。

私個人としてはヨーロッパが一つの大きなコミュニティーとして、文化的にも貿易的にも自由に行き来できるEUは
重要なことではないかと考えています。


スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
2019年2月16日(土) 寺田まりピアノリサイタル 会場:熱田神宮 (名古屋) 詳細は後日発表します  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle