FC2ブログ

夏フェス、無事終了しました!

昨日は昨年に続き、地元の篠原中学校の「夏フェス」にゲスト出演させて頂きました♪

連日の暑さですが、昨日はまた一段と気温の高い35度
家を一歩出たとたん倒れそうになりました・・・
こんなことで地元住民の方がた、いらしてくださるのでしょうかねぇ、と
スタッフの方と心配していましたが、昨年よりも多い聴衆!
このあたりの平均年齢は90歳だそうですが、皆さん、お元気です!!

会場となった体育館には当然エアコンがないので、サウナ状態で、
私も汗だくの熱演しました

                フェス夏


ドビュッシー、ラヴェル、ショパンとリストを演奏しましたが、
フランス物は弾いても聴いても涼しい気分になりますね★
昔からフランス物は心と手とがぴったり合うようで、演奏していてとても気持ちが楽なのです♡
昨日聞いてくださった友人や校長先生も「フランス物を聞いたら体感温度が下がりました!」とうれしいコメントを
頂きました。
今年のプログラムはフランス物を多く出す予定ですが、気温もここ3か月はずっと暑いそうですので
皆さんにもこれで涼んでいただきませう♪

リストの「波を渡るパオラの聖フランチェスコ」は今年の新しいレパートリーで、すでに
4回目の本番演奏でしたが、数日前に新しい解釈を試してみたら、結構しっくりいき、昨日は
その新しいヴァージョンをご披露。
適度な感覚をあけながらも継続的に曲と向き合っていると曲がどんどん体になじんでくるだけでなく、
余裕から生まれる別の角度からの見方もできるように様になり、その曲がさらに好きになることがあります。
今回は聖フランチェスコの揺るがない信仰心を表しているかのような右手メロディーの連続和音の
テンポを少し変えただけなのですが、目の前に物語が浮かんでくるかのようで、演奏しながらなんだか
ちょっと敬虔な気分にさせられてしまいました。

こういう経験がしたいがための練習ですね★

港北小がご縁で、以来地域学校演奏の時にはいつも細やかなアテンドを頂いている山下春美さんには
昨日もずっとお世話になりました!
そしてなんとこんなに可愛らしいプレゼントまで頂いてしまいました。
                      お洒落菓子

食べてしまうのが惜しいわぁ~~♡
山下さん、井上さん、大変お世話になりました!

そして家に戻って”おなかすいたぁ~”と思っていたところに、
コンサートに来てくれた親友の羊ちゃんがなんと崎陽軒のシュウマイ弁当とトップスのケーキの差し入れをもって
来てくれました♪
二人でお弁当を食べながら、遅くまでおしゃべりを楽しみました。
こういうコンサート日というのも”夏休みスペシャル”のようでいいですね!




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
10月19&20日 ドイツ公演 デュッセルドルフ  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle