人生って・・・

先日、セラビスとの美穂ちゃん(美穂ちゃんのブログhttp://noakoa.seesaa.net/)とお母様と3人でみなとみらいでランチしてきました☆

美穂ちゃんはセラピストだけあり、人間洞察力が深いのですが、彼女はものすごく優しい目で人をみているところが
素敵なところで、いつも「こんな事で迷ってるの」、とか「今、こんな感じでこういう事を考えている!」というと
さりげな~~く、「ちょっと調べてみたんだけどね(頼んでいないのに会う前に調べて来ているところもいかにも
”プロ”って感じで好きなのです❤)、まりちゃんは今#%#&$という時期だからこう、こう、こうするといいのかもよ」と
アドバイスもサラリとヒントになることを言ってくれるのです☆

お洒落でキラキラしているのに、にこにこと落ち着いているからか、一緒にいると
妙に心が落ち着くんだけど、それだけでなく、前向きなエネルギーが与えられる感じで
空をフワフワ飛んでいる気分にもなるのはどういうことでしょうね!

その時に美穂ちゃんと”人生”について話したばかりなのですが、
先程、とてもショッキングなニュースが飛び込んできました。

                              Roses.jpg


ドイツのインター(インターナショナル・スクール)時代のイラン人の友人が亡くなったというもの。
高校時代の友人達の殆どが卒業後、世界中に散らばって行ったので、その中で親しく定期的に会える友人達というのは
限られているのですが、当時、とても仲の良かったイラン人の友人が病気で亡くなったというものでした。
彼とは高校時代、お互いの家に遊びに行ったりして、ご両親や妹さんのことも知っているだけに
その悲しいニュースを聞いた時は高校時代の色々な思い出が頭を次々と過りました。
亡くなるまでNYで精神科医のお医者さまとして活躍していたそうですが、
そういえば高校時代はとてもシャイで内向的な人だったから、きっと人の心のケアにも
上手に寄り添って上げていたんだろうなと考えたら益々悲しくなってしまいました。

R.I.P.

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
May 19~24 Trinity Grade Exam accompaniment  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle