FC2ブログ

レクチャー・コンサート終わりました!

昨日、朝日カルチャーセンターでの「パリを愛した作曲家達」のレクコン、無事終えました!

準備しているときはお兄さんからの膨大な資料の山にどこから手を付けていいのか、
どのように1時間半にまとめるか、など、宝の山にうずもれてため息ものでしたが
とっかかりが見つかってからは、夢中になってしまい、まるで19世紀から20世紀初頭へタイムスリップ
してしまったかのようでした。
                     朝カルレクチャー


タイムマシンが発明されたら、絶対にその頃のパリに行ってショパンやリストのサロンでの様子を見て、
ロシアから来た大勢の作曲家達の発表する”新しい”音楽に驚嘆したいなぁ・・・。
レクチャー資料を作りながら、しばしば遥か昔を想像し、数時間過ぎ去ってしまう事もしばしば。
そう言う時って本当に体力も使い果たしたようになってしまい、
結構疲れました。

私の興奮が昨日、一人でも多くの方がたに伝わっていると嬉しいのですが。
一生懸命にメモ取りながら聞いてくださる方がた、腕組みをしながらうなづきながら聞いていた方、
こちらの顔をじぃ~~~とみながら聞き入って下さった方がた・・・。
いらして下さった皆様、有難うございました

最近、コンサートの時に多いのですが、
SNS上で知り合った方がたが演奏会にいらして下さり、リアルな「こんにちは!」をした時の
嬉しい瞬間もありました!
朝カルLeon様

今回はアカデミックなレクチャーでしたので、
次回はちょっと嗜好を変えようかなぁなんて思っています。
ちょっと面白いアイディアが浮かんでしまいましたの!
いつもアイディアには事欠かないんだけど、なんせ、アイディアだけでなく、演奏も(を!)しないといけないから
そうなると新曲を覚える時間も必要だし、もっと効率よく勉強する方法ないかしら!?

今回は自分で写真を撮れなかったので、恵理ちゃんと郁子さんからお写真を拝借しました♪
いつも写真をありがとう♡

                        ようちゃんと

               朝カル終わった後

                      
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
2019年5月 Trinity Music Exam Accompaniment  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle