FC2ブログ

今田美奈子「お菓子とテーブルアート。華麗なる薔薇のおもてなし)展


先週末までイギリスの音楽検定試験、Trinity Grade Examinationのヴァイオリンとクラリネットの伴奏を担当していたり、
ピアノの生徒達も受験しましたので、その子達の特別レッスンをしたりで、
慌ただしい毎日を過ごしていました。

それも終わり、心の潤いを求めていたところ、
横浜高島屋さんで今田美奈子さんの「お菓子とテーブルアート」と言う夢一杯の展示会があることを知り、
早速、行って参りました。

                      お菓子とテーブルアート

会場に入るなり、「薔薇のお茶会」と言うタイトルの素敵なテーブルセッティングにまず心を奪われました。
薔薇尽くしのセッティングにあま~~いローズティーの香が漂ってくるかのようです。

残念ながら写真撮影を許可されていたのは唯一これだけでしたが、
他にもヨーロッパの女王様たちをテーマにしたテーブルセッティング作品がずらり。
「マリー・アントワネットの・・」、「エカテリーナ2世の・・」等々。
当然食器類やお花、飾りなどもテーマにぴったりで、どれもうっとりとみとれてしまいました。

元々、洋食器にとても興味があるのですが、
このようにテーマごと、テーブルクロスから、飾り物から食器類に至るまで変えてのお茶会を
開催出来たらどんなにワクワクすることでしょうね♡

久し振りに心躍る気分で夢の世界に身を浸しました。

最近はバタバタと沢山の曲とまるで格闘でもするかのような練習ぶりでしたが、
このように美しい非現実的な世界に浸った後の練習は心が完全にリラックスしているので
音楽もちゃんと呼吸してくれます。

もっともっと美しい物を日常に取り入れながら、美しい音楽を奏でるようにしなくては!
インスピレーションが降って湧いてくるのを待つのではなくて、
自らそれを求めて出向いて行かないといけないなぁと改めて思わされた午後でした。
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
2019年5月 Trinity Music Exam Accompaniment  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle