FC2ブログ

再びポーランド。Lublinという街にて


中々思うようにポーランドでの滞在日記が進みません。
ーーというのも、戻ってからあまりにも現実的な目の前の仕事や練習などに
忙殺されていたのですもので。

もっとも、私よりも本当に毎日忙しい人は山ほどいて、
また、そういう方がたに限って時間の使い方がとても有効であり、私のような無駄に
バタバタすることがないのですが、これって性格的なものもあるのかしらね!

でも慌ただしい生活の中でも心の中にはポーランド旅行以来、ショパンの音楽がずっと
流れている状態になり、行く前とでは彼や彼の音楽に対する気持ちが本当に深まりました。
単に親近感が増した、という単純なことではなくて、
彼の音楽家として華やかに活躍した時期はパリに移ってからの方が時間的には
長かったのにもかかわらず、何故そこまでポーランドという祖国にこだわり続けたか、ということが
実感として理解出来たように思えるのです。
今迄は彼のセンチメンタリズムがなせる思いが強いのだとばかり思っていました。

なんでも、作曲家の背景を探しに行くというのはその人の作品を知るうえで大きな手掛かりになるのだなぁと
改めて思いました。

でも今日はショパンのお話ではなくて、Lublinという小さな可愛らしい街のご紹介です。

以前書いたかと思いますが、、今回の旅では9つの都市や村を見て回ることが出来ました。
どこもとても素朴で自然が一杯で、とても気持ちの良い旅でしたが、
中でもLublinは残念ながら滞在1時間と言う短い時間だったのが本当にもったいなく
思えたほど、小さな街なので確かに1時間で全て見終えることは物理的には可能でしたけど、
よ~く見るとあっちにもこっちにも素敵な場所が沢山あったのでした。                         

それまで平らな土地を主に回ってきたのが、ここは坂あり、うんと細~~い通りがあったり、
面白い建築物や建物の壁画があったかと思うと、
いかにもポーランドらしい可愛らしいレストランで食事を取っている人達を見かけたり。

坂を下ったところは、広く何もない緑の芝生が一面に広がっていて、
個人旅行で来ていたら、芝生で一休みしながら読書、なんてこともしてみたかったわ。

ガイドさんによるとなんでもここはよく国際映画の舞台にもなっているそう。
確かにどこを切り取っても絵になるものね、と納得。

ツアーで一緒になった方達も皆さんおっしゃっていらしたけど、
ポーランドってもっと暗くて何もない所、というイメージが何故だかあったので
あまり期待してなかったそうなの。(みなさん、世界中を殆ど制覇しているような方ばかりで
だからこそ、あまり興味のなかったポーランドにいらしたっておっしゃってらしたわ。)
ところが、来てみたら、私も同様な感想を持ったのだけれど、美しい自然にあふれ、
大都市のようなダイナミズムや華やかさにこそ欠けるけど、なにもそればかりが
良いというわけではないですものね。
皆でポーランドがすっかり気に入ってしまいました!

今日は写真をアップする時間がないのですが、
来週の水曜の夜にはアップして素敵な街の様子をご覧いただけるように出来ればと
思いますので、少々お待ちくださいね☆
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
2019年5月 Trinity Music Exam Accompaniment  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle