FC2ブログ

夏の風物詩


夏の風物詩といえば花火は欠かせないですよね!

今日はレッスン後、急いで国立競技場前にある玉川倶楽部を目指して
人ごみをかき分け、行きました。
そう、花火を見るため!

近くの道端では沢山の人達が席を陣取り、皆期待感で盛り上がっていました。
私達は5階にある倶楽部で、美味しいお食事を頂き、楽しい会話を楽しみながら
特等席での花火鑑賞。
なんて贅沢なんでしょう!
                 firework.jpg

デュッセルでは毎年夏に”Japan Tag”(日本デー)と言い、
日本式の屋台や音楽、着物の着付け、そして最後には日本から花火師が来てくれて
ど~~んとライン川の上に大空一杯に花火の打ち上げを鑑賞するのが
恒例の楽しみでした。
そんなことを、ちょっぴり懐かしく思い出しながら、花火を見上げていました。
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
2019年5月 Trinity Music Exam Accompaniment  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle