FC2ブログ

音楽漬け!


何年ぶりだったかしら、今日はタカギクラヴィアの高木さん(コンサート・チューナー)と
お会いしにこれまた久しぶりに渋谷に行ってきました。

楽しいお話しやためになるお話しなどであっという間の2時間半。
松濤サロンに隣接して2年前に出来たというピアノカフェで、楽しい時間を過ごしてきました。

帰り際にご著書「今のピアノでショパンは弾けない」をプレゼントして頂きました。
かなりドキリ、とするタイトルでしょ!?
今日の会話がたまたまピリオド楽器(昔の楽器)で演奏する意義についてや
昨年プレイエルと現代のスタインウェイピアノでショパンの同じ曲の
聴き比べコンサートに行ったときの感想などにも及んだところだったので
興味満々、帰りの電車の中で早速読み始めました!

それとムニエ先生のレッスンDVDを発見!
何枚かあったのですが、先生と言えばやはりショパンでしょう!
それと当時の私は今思えば本当にもったいなかったけどロシア物に全く興味が
なかったので先生お得意のラフマニノフなど見て頂きませんでした。
それがなんと2番ソナタのレッスン風景があるというではないですか。
早速ショパンのバルカローレとラフマニノフの2枚を購入しました♪

そして昨日はアマゾンで注文していたチェリストのRostropovichとピアノ伴奏を
あの作曲家ブリテンが担当しているシューベルトのアルペジョーネ・ソナタのCDが届きました♪

音楽書・DVD・CD

これだけでもかなり気分がハイテンションになりますが、
先週、寺崎久美子先生からまた沢山のCDや音楽書をお借りしてきたので
今、机の上は音楽関連書・DVD& CDで山積み状態
そしてピアノの上には新しく勉強を始める曲の楽譜の山が・・・

う~~ん、とっても幸せ!
でもインプットばかりでなくてちゃんと良い形でアウトプットも出来るようにします

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
2019年5月 Trinity Music Exam Accompaniment  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle