FC2ブログ

私の原点なる学校

子供の頃から父の転勤のため、国が変わり、転校経験も少なくない子供時代の私に取り、
まだ自己が確立していない心は揺れ動きやすいもの。

そんな中、中学時代は横浜にある捜真女学校という学校に通いました。
ドイツに高1で行ってしまうまでお世話になっていましたが、この学校で得た
一番大きなものはキリスト教との出会いでした。
未だにキリスト教を信じていると言いながらも洗礼も受けていなく、教会に足を
運ぶことのない私ですが、毎朝の礼拝の中で教えられた数々の素晴らしい教え。
先生方の愛情溢れるお言葉、励まし、など優しい心を育てるには
理想的な環境での学校教育を受けることが出来たのは
現在でも私のバックボーンとなっています。

今日は何十年ぶりかで当時私の最後の担任であり、現在は理事長になられた先生に
お会いしに学校を訪ねました。

昔とまったくお変わりない柔らかな笑顔で迎えてくださった先生。
久し振りに浸る小さなミッションスクールの温かさ一杯の雰囲気の中、心がなんとも
和み、癒された時間を過ごしてきました。

社会に出ると必ずしも自分と同じ価値観を共有する人とばかりの出会いではないですし、
時には意地の悪い言葉や態度に出会うこともあります。
幸い普段はめったにそのようなことはないのですが、数日前にそのような想いをしていただけに
今日の先生との時間で張りつめていた心にようやくまた光りが入れられたような想いでした。
大人になってもこうして迎えて下さる場所があるというのはなんて有難いことでしょう。

先生との諸々の会話の中でどんどん心が楽になり、元気になっていくのを感じ、
自分の原点を見つめ直そうと想いながら帰路につきました。






スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
2019年5月 Trinity Music Exam Accompaniment  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle