FC2ブログ

女子フィギュアを観て。


4年に一度のオリンピック。
毎回どの競技の選手にも感動する秘話がある。
全員が頂点を目指して頑張っているのだからちょっとやそっとの努力ではないはず。
身体を酷使しているので怪我や身体の痛みを慢性的に
抱えながらそれでも努力するのがどんなにスゴイことかは
演奏家も似ているのでよく分かる。

メンタルの強さがいかに重要かというのも同様。

だから私は全くのスポーツ音痴で出来るならば身体を動かしたくない、という
人間だけど、オリンピックに限らず、サッカーでも何でも
ワールドカップのような大きな大会になると
必死に観戦してしまうのだ。

音楽コンクールを聴くとやはり自分のやっていることなので
違う楽器であったとしても、冷静に聴いているつもりでもあれこれ雑念も入ってしまうが、
スポーツの場合、ルールおろか、存在さえしならかった競技もあるので
とても冷静に分析しながら観戦できるし、それを我が身に置き換えて
反省したり、学んだりもできる。

でも浅田真央ちゃんのことになると、まるで自分の親戚の女の子であるかのように
感情移入してしまい、演技が始まる前から終わるまでずっと心臓がバクバクしっぱなし!
今回はだから翌朝のニュースを見るようにしよう、とリアルタイムでは
観ないようにした。

SPの結果から一夜明けて昨日の渾身の力がこもった演技、そして
終わった後の彼女の泣き顔に私も何度も涙してしまった。
ずっと何年も何年も大会に出れば「優勝か、金メダルか」と騒がれ続けてきた
プレッシャーと戦い、みんなの期待に応えようとする思いの中での
競技生活では嬉しいことも沢山あったと思うが、それと同様に辛い事や
苦しいことも多かったのではないかと思えたから。
彼女も金メダルをずっと目指して4年間頑張って来たから
悔しいには違いないけど
最後にあんなに素晴らしい演技をみせてくれてそのチャレンジャー魂に
日本中の人が感動したと思う。
そしてここまでも多くの人から愛される真央ちゃんというのは
単に素晴らしい選手という以上にやはり「スター」なんだな、と思った。

また、鈴木明子選手も演技後のインタビューで彼女の素晴らしい人柄と知性が
表れていてこれまた素晴らしいと思ったし、
村上選手も初めてのオリンピックでよく健闘したと思う。
沢山の感動に感謝!!


音楽でもやはり一番大切なのは人に感動を与えることなんだな、と今更ながら
強く感じ、感動を与える演奏するには・・・まだまだ考えることが沢山あるよう・・・

スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
寺田まり 復興支援チャリティーコンサート@倉敷 2020年3月21日(土) 会場:倉敷公民館 時間:開演17:00(開場16:30) 主な演奏曲目:ファリャ「火祭りの踊り」、ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」、グラナドス「スペイン舞曲」より。その他 前売り:大人3000円、学生1000円 お問い合わせ:寺田まりコンサート事務局 090−7995−3647(永田) 茨城 土浦市  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle