FC2ブログ

苺のシフォンノエル作り体験!


お休みに入ってから連日プライベートで日頃やりたくてもなかなか時間を取れないことを
必死にしています⭐️

本当はできたら日頃も練習やレッスンの合間にもプライベートも充実していれたいのだけれども
どうも不器用な生き方鹿できない私には難しいのです。

ま、それはともかくとして、昨日はABC クッキングスタジオでのお菓子作りの体験をしてきました。
2週間前にその隣にある楽器屋さんに用事があり、立ち寄ったらなにやら、お隣のブースで
お料理やお菓子作りをしている様子が見えるではありませんか!

おそらく好奇心丸出しでその様子を眺めていたからでしょうか。
「体験レッスンはいかがですか?」と声をかけられて
昨日、苺のシフォンノエルを作ってきました!

可愛らしい先生のご指導のもと、ふむふむ、意外にいけそうでないの!
なんて気にもさせていただき、こんな風に出来上がりました!

           IMG-1926.jpg
IMG-1927.jpg

お菓子の他にもパンレッスン、お料理レッスンもあります。
単発では受けてみたいレッスンがいくつかあったのですが、そういうわけにいかないということで
残念ながらレッスンを受講するのはあきらめましたけれども
いつか集中してレッスンも受けてみたいと思わせるほどの魅力はたっぷりありました。

お料理でも音楽でも人に喜んでもらえるものを提供できるというのは
幸せなことですものね❤️
スポンサーサイト



来年に向けて

今週は毎日外出して誰かしらと会う、という出不精の私があまりしないことをしています。
もっともコンサート後の数日はよくこのようにリラックスする時間を次の充電時間として使っているのですが。

今日はソプラノ歌手のえむちゃんとランチ。
とても気が合うのでいつか一緒に演奏できたらいいなぁと思っていましたら
彼女も同じことを思ってくれていたようで、お互いの音楽で目指しているところや考えていることを
話し合ったらなんとまぁよく似ていること!

ーーということで、早速えむちゃんが動いてくれて来週はもう少しある計画を具体化するべく
打ち合わせます。

来年は色々な人と共演をしたい!と願っていたのが少しずつ具体化してきていて
他にも水面下で交渉中のお話もあり、本当にワクワク楽しみです🎶

昨日は図書館から10冊もの本を借りてきたので、また年があけて生徒さんのレッスンなどで
忙しくなる前にしっかりと勉強もしなくてはいけないのです。
こうして好きな勉強をしながら好きな演奏ができるってなんて幸せなんだろう、と
神様に感謝の毎日です。

先週から外食が多いのでちょっとまた太りそうな予感ですが、
せっかくの外食は美味しくいただいてしまいますよね❤️


港北小学校創立70周年記念音楽会@県民ホール


おととい、県民ホール(大)にて横浜市立港北小学校の創立70周年記念音楽会が行われ、
私も光栄なことに卒業生の一人としてお招きいただき、
2曲演奏させていただきました。

港北小にはアウトリーチコンサートで毎年行って演奏していますが、
6年生の2学期間通ったという母校でもあるのです。

当時はまだ帰国子女というのが一般ではなく、しかも6年生の終わりの方に転校してきたので
お友達もできるのか心配だったのですが、当時の担任の上村文子先生が毎朝クラスのみんなに
簡単な英語を教えるということをしてはどうか、と勧めてくださり、そうすると
数名のクラスメートがお手伝い役を申し出てくれました。
毎朝の英語レッスンをとおしてクラスメートとコミュニケーションを取れるようにしていただいたという
とても温かい思い出があります。

その学校とは10年以上前から今度はアウトリーチという形でお付き合いが始まり、
こうして演奏をさせていただけるのはとてもありがたいことです。

懐かしい校歌も聞きました。

伴奏が始まるとメロディーが蘇り、歌詞も所々記憶の奥底から浮かび上がってきました。

特に心に響いたのは「我らが明日の日本を背負う」という力強いフレーズ。
当時もきっとこの歌詞は歌ったことあるのでしょうけれども、あまりピンときていなかったのか
全く記憶にございませんでした。

元気の良い子供達の歌声を聞きながらこの中からそのような気概を持つ立派な大人が
将来育ってくれると良いなぁと心の底から思いました。

普段はどこかの校歌を聞いてもあまり感動することもなく、
失礼ながらどこの学校も似たり寄ったりのメロディーだなぁと(どうしても音楽に耳がいってしまいますので)
思っていましたが、こうしてよくよく聞いてみると素敵な歌詞はきっと
どこの学校にもあるのでしょうね。

本当に素敵な会でした!!

港北小の皆さん、おめでとうございます!!

               

身体のメンテナンス月間


今月ははあと明日と22日の茨城での演奏を残すだけとなり、
気分も来年に向けて色々と準備(新しいレパートリー探しだのコンサート日程を決めること等)しつつ、
生徒さんたちのレッスンも一段落しつつある今、日頃なかなか時間を取れない身体の
メンテナンスをすべく、きになるところはお医者さん通いです。

というわけで、先日は歯医者さんに健康診断、そしてあまりにも腰痛がひどいので
整形外科にいき、リハビリを昨日から開始しました。

療法士の女性の先生が私の身体の動きをみていき、あまりにも
身体がガチガチなので驚かれてしまいました💦
首の痛みや腰痛は胸が固まっているのをかばうために余計な負担がかかっているようで
まずはそこをほぐすようにしてくださいました。

といってもここまで凝り固まっているのは1、2回のセッションではどうしようもないそうなので
来週、再来週と少し集中して身体をいたわってあげながら新年を迎えようと思います。

家でもできる体操も遅わました。
一見単純そうでしたが、先生のご指導のもと何度かしただけで
身体がポカポカしてきたところで、残念ながらタイムアップ。

次は身体に電気を通すことをしてもらったら、あまりにも身体中に暖かさが
巡って帰宅するなり、ベッドに倒れこみ、そのまま身体も頭も休ませてあげようと
寝入ったら、朝までしっかりと寝てしまいました!

頭も重いといわれ、オステオパシーでするような感じで頭を包みこみストレスを解消することも
していただきました。
夜は頭がまくらに着くと同時に寝てしまうと話したら、それは疲れすぎのサインでけしていいことではないようです。
理想は8分から16分かけて徐々に身体を休みモードに導くことだそうです。

尊敬する岩崎淑先生もご著書を通して憧れている室井摩耶子先生も高齢になられても
そのようなことを感じさせないほど積極的に音楽生活を続けていらっしゃるのは私の理想です。
そのためにはまずは頑強な体づくりですね!

年々、何かと課題が多くなっていきますが、
今まではずぼらな生活も手伝って、スルーしていたこともいくつもありますが、
これからは気がついたら即直す!(ピアノの練習みたい!)

がんばるぞー!

素敵な贈り物🎶


家族ぐるみで仲良くしているお友達のお母様から昨日、思いがけずに素敵なプレゼントを
いただきました!

                IMG-1915.jpg

ブローチです!

デザインもですが、これはおばちゃまがとても仲良くしていらしたピアノを弾いていた従姉妹さんの
お品なのです。この従姉妹さんは実はお世話になっていたPIA Japanを創設した方でもあり、
お目にかかることは叶いませんでしたが、そうしたご縁があるのです。

ト音記号の文字をよくよく見るとCarnegie。。。そう、カーネギーホールのことですね!
あちこち海外にもいらしていたとのことですから恐らくカーネギーホールのショップで
買い求められた大切なブローチなのでしょう。

おばちゃまご自身も音楽をされるのでつけられればいいのにあえて
私に託して下さったのはとても有難いお気持ちだなぁとほんわりとした気持ちになってしまいました。

バックにつけてもいいし、お洋服でもいいし、アクセサリーは心が弾みますね❤️

大切に使わせていただきながらピアノに邁進致します⭐️

Motokoのサロンコンサートも楽しく終えました!


昨日はヴァイオリンの所素子さんとのコンサートを無事終了しました。
一回目から昨日に至る15回まで本当に毎回楽しくご一緒させていただけてこれたのは
ひとえに素子さんの素晴らしいお人柄のゆえでしょう。

そして会を増すごとに演奏だけでなく、素子さんとの仲も深まり、今ではすっかり
このシリーズが楽しみでなりません!

室内楽はソロと違い、自分の好きなように音楽を100%作ることは当然できませんが、
だからこそ、相方から思いもよらないことを教わったり、違う表現法の可能性を探ることができたり、と
楽しいだけでなくとても勉強になるのです。
しかも普段は一人で黙々と練習しているピアニストですが、室内楽だとリハーサルでは
真剣なリハの合間のおしゃべりタイムもあり、これがなんともお互いを理解し得る大切な時間なのです。

       77206008_3079071405440438_1658137511202914304_n.jpg

そして昨日は終演後に井戸雀琇さんにこーんなに素敵な写真の数々を撮っていただきました🎶

          リラックスしている私たち(画像をクリックすると大きくなります)
          
      79421001_574757970011449_2032415289387253760_n.jpg

そしていつも場所提供し、主催してくださっているなごみ邸の斎藤さんご夫妻と急遽譜めくりをお願いしたヴィオラの
諸橋恵子さんと。

77316838_753415881737308_4545668711775731712_n.jpg

今回は久しぶりにヴィタリーの「シャコンヌ」も弾きましたが、
初めて聞いた友人は「なんだかものすごいトラジックな事故が起きたイメージで聞いた!」と興奮気味に
語ってくれました。
悲劇的な事故、とはものすごい想像力だなぁと思いましたが、確かに緊迫したドラマ性を感じさせる名曲です。
私はもがき苦しみながら前進しようとする人のイメージが浮かんできます。

そして今回お初のベートーヴェンのソナタ作品30−2。
これがまた楽譜に書いてある情報量は当時の作曲家はほとんどそうでしたが、
その仲からベートーヴェンが求めたであろうスタッカートの意味、その中にはどこかテヌートを含まれていないだろうか、この音階パッセージはレガートにするかそれとも少しテヌートをつけるようにすべきかなど
本当にしっかりと分析をしないと演奏できないのですが、練習すればするほど
形が変わって見えてくるものが変化する。
これはいつかまた舞台に出してみたい曲の一つです。

そして来年は6月7日に決定しました🎶

次はなんの曲になるかしら。
昨日の時点ではドビュッシーも候補に上がっていましたので、そうだといいなと期待感が高まります。

来年で8年目!

もっともっとたくさんの素晴らしいヴァイオリンレパートリーを知り、新しい扉を
開けていきたいです。

今日でクローズド以外のコンサートはおしまいでしたが
今年は親友のタケが見事、皆勤賞でコンサートに来てくれました❤️
毎回短い間隔で演奏を聴いてくれているので前回の「ミューズの玉手箱」以来、
私の演奏する音色や奏法が変わったことにいち早く気がついてくれたのはほーんとに嬉しかったです!
タケ、ありがとう!

そしていらしてくださったみなさま、いつも素晴らしい場所を提供してくださるなごみ邸の斎藤ご夫妻、そして
素晴らしいヴァイオリンで多くの学びを与えてくださる素子さん、ありがとうございました❤️
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
寺田まり 復興支援チャリティーコンサート@倉敷 2020年3月21日(土) 会場:倉敷公民館 時間:開演17:00(開場16:30) 主な演奏曲目:ファリャ「火祭りの踊り」、ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」、グラナドス「スペイン舞曲」より。その他 前売り:大人3000円、学生1000円 お問い合わせ:寺田まりコンサート事務局 090−7995−3647(永田) 茨城 土浦市  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle