夏フェスのチラシができました!

夏フェスチラシ

昨年、初めて横浜市立篠原中学校で演奏させていただきましたが
今年もまた演奏させていただきます♬

この中学校は年に4回、吹奏楽部演奏中心の音楽フェスティバルを行い、学校関係者以外の方にも
門戸を開き、音楽を楽しみにいらしてください、というものです。
私はゲストとしてお招きいただき、20分間の演奏をいたします★

夏というと、どうしても涼やかな音が聞こえてくるラヴェルが弾きたくなってしまいます。
ということで、今回はラヴェルの「ソナチネ」から1楽章のみを演奏します。
ほかにはドビュッシーのアラベスクやショパンのワルツなど軽やかなものも演奏しますよ。

ここ2週間ほど、社交生活で大忙しでしたが、そろそろ元のペースに戻し、
籠って練習や勉強始めます。
(不器用な私は徹底して勉強するか遊ぶかになってしまうようです^^;)

それにしてもこの暑さの中で、あちこちで水害にあった地域のニュースを聞くたびに被害にあわれた方がたの
大変さを思います。演奏でお世話になった倉敷でも大変なようで、心が痛みます。
どうか一刻も早く元の生活に戻れますように!!

スポンサーサイト

サッカーワールドカップ


先月ピアノ漬けの毎日で新聞にもぼんやりとしか目を通さなかった私はいつの間にか
世間ではサッカーワールドカップで盛り上がっていたのですね^^;)

おととい、スペインVS.ロシアのゲームを弟となんとなしに見ていて
私はすぐに上にあがるつもりが、あまりにもスリリングでアップテンポのゲーム展開に
思わず心を奪われてしまい、結局最後のPK線までしっかりと観戦してしまいました!

ロシアがサッカーをするということすら知らないという無知ぶりでしたが、
ロシアのゴールキーパーの素晴らしさに感嘆してしまいました。

テクニック的なことは何も知らなくても素晴らしい物は素晴らしいとすぐにわかるのは
どんな分野であれ、同じですね!

両チームの素晴らしさは単なるテンポの速さだけでなく、自然な流れ、見事な足さばき。。。ピアノのテクニックと重ねながら見とれていました。

今晩、というより明朝早くはいよいよまた日本VSベルギーですね☆
日本人はあのように広いサッカーフィールドを走り回るというのは体力的にはかなり大変でしょうし、
パワーも大柄の西洋人にも劣るのでしょうけれども、日本人ならではのテクニックと戦略で
見事また次のステップを獲得して欲しいです。

あ~~、スポーツ観戦って本当になんて音楽と似ているのでしょう。
私も演奏法を今年に入ってから少し見直しているので、観戦しながらもピアノの事と重なり合います。

日本、頑張れ~~!!
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
8月26日 「夏フェス」 横浜市立篠原中学校    14時。  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle