フキノトウ


さて、今日の第2弾!

春になると待ちわびるものがいくつもあるのですが、
その一つが山菜やハーブ類。

我が家の庭のフキノトウが収穫できました♪
               ふきのとう

この柔らかい緑色がなんともいいでしょ!?

もうすでに3回、天ぷらにして頂きました!
旬の物を頂くときは他の物をあえてあまり頂かないようにして
せっせとその季節でしか味わえないものを味わうのです。

それから数年前に食べてあまりの美味しさにすっかり虜になってしまった蕗味噌!!
これも作り方を教わって作れるようになったので
毎日大切に味わって頂いています♪

日本に来てよかったなぁと思う事の一つに食の豊富さと美味しさがあります。
未だに積極的に食べたいものは洋食とはいえ、
和食の美味しさにも年々開眼しています♡

最近では一生懸命に和食レシピ本を見て、美味しそうに見えるものを
作っては見るのですが、どうもこちらの方は中々うまく行きません・・・
いつかは上手になりたいものです。
ーーなどと思いながら、今は”お料理”しなくてもいいフキノトウをせっせと楽しんでいます♪
スポンサーサイト

先週、ヴァイオリンの生徒の音大入試に付き添い浜松へ


もう先週のことです。

ヴァイオリンの生徒でよく試験伴奏やコンサートでの伴奏を頼まれるMちゃんが
アメリカの音大入試を受けるというので喜んで伴奏を引き受けました。

本当はアメリカに行きたかったのですが(笑)、
アジアのあちこちでも試験管がアメリカから来て、入試を受験できるのですね!
日本での会場は何故か浜松。

でもちょっとした”旅”でも違う土地へ行くのが大好きな私!

Mちゃんと新幹線での1時間ちょっとは面接の練習を。
しっかりと色々な事を考えていて、18歳だった自分とはなんて大違いなんでしょう!
ちょっとしたアピールする点の強調の仕方だとか、
表現する方法を教えたら、3度目は本当に素晴らしい受け答えが出来るようになっていて、
これならばどんな説明がこようとももう大丈夫!

ホテルはご覧のとおり、ピンクが基調のスイートルーム。

                             浜松ホテル

私はすっかり気分良く寛いでしまったけれども、
Mちゃんはちゃんとヴァイオリンを取り出し、練習開始です♪
Marin practicing at the hotel

自分の曲が終わると、初見練習や即興練習も。

私はピアノがないので、読書したりしながら彼女の演奏を聴いていましたが、
生の音を聴きながら寛ぐのって本当になんて気持ちがいいのでしょう!!
思わず、”あぁ、自分にこういう娘がいて毎日練習しているのを聴いていたら幸せだったかもなぁ”と
幸せな妄想をしてしまいました^^)

ふたりで今迄もリハーサルの合間にちょこちょこおしゃべりすることはあったけれども
やっぱり一緒に旅をすると相手のことがよく見えるし、まとまった時間の中で
沢山おしゃべりもすることで親密度が増しますね❤
翌日に試験を控えていた彼女を少しはリラックスさせられたかなぁ。

さて、翌日はお昼過ぎに試験、ということで、
午前中は合わせを30分間しました。
今迄も何度も一緒に舞台にたっているけど今回が一番落ち着いて良い感じ★

試験も途中まで私も聞けましたが、即興演奏があんなに上手だとは知らなかったので
びっくり!
後でどうやって覚えたの?!と聞いたら
学校のネットに即興演奏するときの伴奏があったからそれを聞きながら
何度も繰り返し練習して、コツをつかんだとの答えにまたまたびっくり。

面接はどうだった?と訪ねると、多分上手く答えられたと思う。と。

結果発表は来月末になるようだけど、手ごたえとしては良かったように思うので
彼女の第一志望というあの学校にどうぞ合格出来ますように!!



篠原中学校でのゲスト演奏、無事終了!


1日1日の過ぎていくのがなんて早い事でしょう!
篠原中学校でゲスト演奏してきたのがもう1週間前のことになるのですね@@)!!

FBではスマホのお蔭でリアルタイムに情報をアップできているのですが、
未だにスマホからこちらへのアップの仕方が分からないため、後手後手になってしまうのです…いけない、いけない!

初めて地元の中学校に行きましたが、
やはり中学ともなると学校自体が大きく感じ、教室の机やいすも丁度良いサイズ(笑)
地域コーディネーターの山下春美さんとはとても細やかな打ち合わせが出来ていましたので
とてもゆったりとした気持ちで学校にお邪魔しました。
ボランティアのお母様方やお忙しいのに先生までもが
車での送迎までして下さり、気持ちがほぐれて演奏に臨めるのは大変有難かったです♡

体育館での演奏、ということで、寒い2月の体育館…ドレスはどうしましょう、と
かなり悩みましたが、折角ですのでドレス着ましたよ!!
演奏前は大きなストーブを付けてくださいましたけれども、
冷たいマイクを持ち、トークしながらだとどんどん身体が冷えてくる!!
こういう時は厚めのタオルを巻いてマイクを持つって大切かも。
また新しい経験が出来ました!

嬉しかったのは、この中学校には私の友人のお嬢さんが吹奏楽で出演したということ!
家族ぐるみでのお付き合いですので、おばあちゃまもご一緒に3代で聴いて頂けました❤
そして、篠中の卒業生である私のお友達や捜真時代の親友もサプライズで
駆けつけて来てくれ、舞台から彼女達の姿が見えたとき、寒さなど
忘れるくらいに張り切ってしまいました!

1篠中


演奏中もどんどん地域の方がたが体育館に入って来られ、
篠中の「フェス」が今やすっかり地域で定着したものなんだな、と感動。

本当は自分の演奏後はゆっくりと生徒さん達の吹奏楽の演奏を楽しみたかったのですが、
自分の生徒さん達のレッスンがあったため、
後ろ髪を引かれながら急いで帰宅しました。

                     2篠中

今度は聴衆として聴きに行きたいな♪

最後の最後まで細やかにアテンドして下さった山下春美さま、
今回お呼び下さった篠原中学校の先生方、有難うございました!!

朝の美容院


朝一で美容院に行きました。
初めて、こんな早い(私にとって!)時間に行くのは。

いつもお願いするRyoさんはカットの技術だけでなく、
その落ち着いた感じ、そして美容院でよくありがちな「どうでもいいような会話」をしないところが
非常に好きなのです。

今日は”プロとアマの違い”、 ”死後の世界には何があるのか”、”がんばるっていうこと”など、とても
朝9時にする会話ではないほど真剣で重い会話。
回りでは他のお客さんと美容師さん達の明るくきゃっきゃして華やいだ声が飛び交う中、
ちょっと異常な空間だったと思う(笑)

実はここまで真剣に美容院で会話したことは私も初めて!(笑)
でもものすごく読書家のようなRyoさんからは私が気になっている事柄や考えが
ポンポン飛び出してきて、髪を綺麗にしてもらいながら、
頭も使って、充実度100%でした!

「自分の限界を更にちょっと伸ばす」という言葉には本当に共感しました。
これはイチロー選手の言葉だそうです。
やっぱり彼は一流ですね。

家に帰ったらすぐ下の弟の嬉しい報告もあり、今日はとっても素敵な一日だったわ❤
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
6月24日(土)”ミュージック&ワイン”シリーズコンサート   会場:南麻布セントレホール 時間:15:00開演(14:30開場) 入場料: (ワイン・ドリンク付き)      一般当日:4000円、前売り:3500円、SMSサポート会員 2800円 主催:SMS チケット予約:南麻布セントレホール 03-5791-3070 アクセス:「広尾」駅1番出口より徒歩7分  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle