おまけ、写真♪


玉川っ子トリオ!
           きーちゃん、さやかちゃんと

あ、ものすごいドアップになってしまった!!(笑)

ヴァイオリンの青柳裕子ちゃんとは実は3年前に彼女の演奏を聴きに行ったことが会ったんです。
もともと、末の弟の同級生と言うご縁だけど、今回は仲良しになれて楽しかった!
真ん中にいる石川さやかちゃんもヴァイオリンで裕子ちゃんの高校時代の後輩なんですって!

昨日の打ち上げで盛り上がりました。

思いがけないご縁って素敵❤
スポンサーサイト

みなとみらい21交響楽団公演、無事終了しました!

あ~あ、なんだか楽しかったお祭りが終わってしまったかのような気分です。
文化祭に向けて何かを皆で一致団結して頑張ってきたものをそこで発表し終わった後の
気分。

日頃は一人でピアノを演奏しているので、
一人で考えて、一人で完結していることに慣れていますので、大勢で音楽を作る。。しかも
それがラヴェルとくれば、どうしてもワクワクしますよね。

本番前の最後のリハーサルの為の音出しを皆さんがしているので
その様子はこちら:

ホルン
リハ中
児玉さん、何考えていらっしゃるのかな?
そしてこちらが私が演奏したチェレスタと言う楽器。
オルガンに似た形だけど、音色は柔らかいベルのようなんですよ♪(楽器の横に私の頭陀袋のような
大きなバッグとお弁当もしっかり写っていてみっともない)チェレスタ

そうそう、忘れてはなりませぬ!
「ダフニスとクロエ」では合唱もあるのです。
合唱団

アカペラ(伴奏なしで歌う事)の部分が特に美しいのですが、
照明も舞台を暗くし、スポットは指揮者と合唱団にあてるという演出もあり、
色々な意味で、見事でした!

「ダフニスとクロエ」は普段は第2組曲を聴くことの方が圧倒的に多いので
今日のように全曲を通して弾く・聴くという機会はめったにないだけに
いらして下さった方々には楽しんでいただけたのではないでしょうか。
前半は「ラ・ヴァルス」。
この曲も本当に大好き♡

指揮者の児玉章裕氏とは今回初めてご一緒させて頂いて、
穏やかでとてもまじめな方だと思っていました。
カメラを向けたら、このように・・・ねっ!
                     指揮の児玉さん

勿論、穏やかで真摯に音楽に取り組まれていらっしゃるのはイメージ通りなのですが、
打ち上げでは意外なお茶目な一面も垣間見てしまいましたぁ~♪
この写真の為のポーズではなくて、ずっとこのような感じでした!(笑) 
                     打ち上げで

児玉氏とは来年3月12日に神奈川県立音楽堂にて、今度はモーツァルトのピアノ協奏曲KV491で
またまたご一緒させて頂くことになっています♪
オケは横浜シティ・シンフォニエッタです。
さぁて、どのようなモーツァルトを作り上げましょうか。
チラシが出来ましたので、数日中に詳細をHPのコンサート欄でアップ致しますね☆





ご縁って不思議


今週末にいよいよみなとみらい21交響楽団の定期演奏会も迫ってまいりました。

先週末、そして昨日とリハーサルに参加しましたが、
なんと末の弟の同級生であり、お友達の後輩というヴァイオリニストの方が
ここで演奏のお手伝いをしていることが判明 

昨日はリハーサルで初めてお話させて頂きましたが、
こういうご縁ってなんだか嬉しいものです。

しかも一緒に同じ音楽を作れるだなんて・・ねっ!

「ダフニスとクロエ」もこれほど聴きこんだことはなかったのですが
聴きこめば聴きこむほど、ラヴェルの偉大さを知る思いです。
色々な楽器の音色をあれだけ見事にブレンドさせる才能を持っていた彼にとっては
ピアノ作品って物足りなかったんじゃないかなぁ。
もっとも、「展覧会の絵」のようにラヴェル版が素晴らしくとも
あのロシアの土臭さはピアノソロ版のムソルグスキーのオリジナルが
やっぱり良いって思うし、様々ですね。

土曜日の午後、お時間ありましたら、おそらくまだチケットはあると思いますので
(なんたってみなとみらい大ホールですもの!)、
「ダフニスとクロエ」、そして「ラ・ヴァルス」をお聞きにいらっしゃいませんか?
チケット1000円です♪

秋到来ですね

(;_;)
猛暑も一段落し、ホッとする間もなく、最近では茨城の堤防決壊による大惨事、阿蘇山火山の噴火、
地震・・・と日本のあちこちで勃発する天災。
皆さま、ご無事でしたでしょうか。
お見舞い申し上げます。

いつ何が起こるか分からない毎日ですので、
一日一日を大切に生きていくという事の必要性を考えさせられます。

さて、猛暑の後にようやく来る涼しい空気にようやく、身体も心も一息つけるように感じる今日この頃です。

先日久し振りに友人のお花展を見せて頂きました。
神奈川支部展は二子玉川の高島屋の南館のエントランスフロアに飾られていますが、
どの作品も秋らしい装いで、目を楽しませてくれました♪

友人、香織ちゃんの作品はこちら!
かおちゃんのお花

逆光になってしまっているのと、外の人がいらないよぉ~!
ということで、まじかから再度挑戦・・・
                                 かおちゃんのお花クローズアップで

あまり変わらないですね・・ 折角素晴らしい作品だったのに、かおちゃん、ごめんなさい

でも秋めいた色使いは十分に伝わったかと思います。

今、抱えている曲があまりにも多くて、受験生のような時間帯まで練習をしているので
少々眠い毎日なのですが、つかの間のホッとする時間をありがとう

忙しさに忙殺されてしまうのではなく、つかの間の時間をも上手に捕まえて
心を休ませてあげる時間を見つけましょう

機械を扱えるようになれれば・・・。


2か月前にプリンターが壊れたので、
ずっと欲しいと思っていたスキャナー付きプリンターを買ったというのに
何故かPCからプリントも出来ずで、そのまま不便に思いながらも
ずっと放置していた無精者です。

私の場合、”時期”が来るまで動かない、という悪癖があるのですが、
(しかもその”時期”とやらは気まぐれに来たりするので本当にあてにならないのです!)
幸い、昨日の夕方に待ちに待った”時機到来”でしたので、
まずはセットアップから何度も失敗を繰り返しながらも無事完了。

ま、こういうのって普通の方からするとどうってことない作業のようですが、
気の短い私には一度で上手くいかないと、なんせ、苦手な機械をいじっているという意識があるので
壊してはいけない!という意識が強く働き、
そこで作業ストップしてしまうのです。
ですが、昨日はなんていったって”時機”にばっちりはまっていたので
めげずに挑戦し続けたのでした!

ーーと、たいしたことないところにドラマを作ってしまう私ですが、
めでたくスキャナーもプリントアウトも出来るようになり、
当たり前ですが、溜めていた仕事を一気に解消できました

本当に効率悪い仕事の仕方をしているなぁ、とかなり落ち込みました。

今の世の中、こういうことが出来ないと楽に生きていけないようにさえ思えるので
なんとか少しずつ苦手意識を取り除いていきたいものです。

ところで、数日前からショパンの歌曲にはまり、暇さえあれば聴いているのですが、
ピアノ曲のような複雑な音楽性というのはなく、どれもメロディーがあっさりとしているのですが、
マズルカ調であったり、歌っている言葉は歌詞カードを見ない限り分からなくても
とても心地良い音楽なのです。
ショパン=ピアノといっても過言でないので、
歌曲に耳を傾ける人と言うのは少ないと思うのでここでも音楽を聴いてもらえるような
方法がないのかな(たとえば動画にして音だけ流す、とか)?
これが次の課題ですね。

そうしたら色々な曲もご紹介出来て便利ですよね♪




新学期!


新学期が始まり、生徒さん達も新スケジュールでのレッスン開始です。
また数名”新入生”も仲間に加わり、こちらも夏ボケしていた気持ちを引き締めているところです。

それにしても夏が終わると、毎年生徒達の成長ぶりに目を見張ります。
良く寝て遊んでいたから、身体も伸び伸びと成長するのかしら、と思ってしまうほど
この時期にはさまざまな変化が見られます。

私も来月ポーランドにショパンの心を探る旅、と勝手に題して行きますので
その前に覚えなくてはいけない曲が沢山ありすぎて、泣きそうです。。。
ーーじゃなくて、成長したと自分でも分かるように脳みそに、そして心に新しいことを
沢山吸収してこれるようにしたいと思っています。

今日はオーストラリア大使館でしばし、そういった現実を忘れ、
楽しいピクニックを楽しんできました
幸いお天気にも恵まれ、笑い溢れる愉快な時間に時がたつのも忘れてしまいました。

明日からはまた当分雨降りの日が続くそうなので
しっかりと籠って練習&勉強に励みます!

sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
10月12日(木)南麻布ランチタイムコンサート   会場:南麻布セントレホール 時間:12:30開演(12時開場) 入場料: 2000円       主催:SMS チケット予約:南麻布セントレホール 03-5791-3070 アクセス:「広尾」駅1番出口より徒歩7分  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle