追加投稿です♪


ドイツでの高校時代の素敵な友人との3ショットです。

                     With Tania and Mona

With Tania and Mona.

写真の左側に少し見えるのがライン川。
ゆったりと大らかな流れのラインを眺めると悩みも迷いも吹っ切れるかのようで
いつも慰められてきました。

高校もこのすぐ近くにあり、学校帰りは皆でよくラインに行ったり、この友人達と
会ったBurg Hofというレストラン・カフェで集まったものです。
東京のように刺激的な場所というのは少ない代わりに自然にはとても恵まれていて
それが私達を形成しているように思います。

音楽もこのようにゆったりとおおらかに奏でていきたいものです。



スポンサーサイト

あっという間にドイツから帰国しました。


強行軍の2週間のドイツ滞在を終え、数日前に戻りました。
今回は親友たちが二人も揃いも揃って、デュッセルよりうんと遠い街へ引っ越してしまったので
そちらにも数日間ずついさせてもらいながら、スーツケースをゴロゴロさせての移動が多く、
ちょっとしたジプシー気分でした。

会いたい人達に全て会えたわけではないのですが、
それでもなるべく一人でも多く、少しでも語らいの時間を持とうと思うと
夜もフラフラになりながらも時間を惜しみながらのおしゃべり。
              Jean, Isa, Hanna, Wolf


もともとドイツ人の「おしゃべり」はお洒落や美味しい物の話というのはほんのさわりだけ触れるか触れないかでして、
人生についてや自分たちの色々と心の中の思いについて語らい合う、という
スタイルですので
ただでさえ、どっしりとした会話なのに、今回は何故かそれに拍車がかかったかのように
充実した内容でした。

また、ISDでのリハーサルの合間を縫って数時間の時間を利用して、
街に繰り出し、美容院に行き、髪をバッサリと切り、気分転換をはかり、
帰り道、CDショップや本屋さんで物色。
本屋さんには大きな椅子があり、そこに腰かけ、外を眺めて
しばし物思いにふけったりも・・・

本屋さんで人休憩
Koenigsallee

そして夜はやはり音楽家が集まると音楽についての語らい合い。
今回は私の第一弾の編集されたCDを持ってきたので
それを聴き比べて意見交換。
理論的な分析力は相変わらずとても参考になり、彼らと一緒に
意見を交わしながら聴くことによって、色々と思い当たることなどもありました。
                       musical discussion

高校時代のクラスメート達とも恒例の再会を果たしました。
男性陣はお昼間ということで残念ながらそれぞれに仕事があり、会えなかったのは残念!
でも女子ならではの会話をたっぷりラインを眺めながら楽しました♪

Rhein.jpg

やたらと大きな写真になってしまいましたが、ラインの雄大さ、私のライン川への
思い入れを汲み取ってくださいませ

そしてデュッセルといえば、毎回「デュッセルのママ・パパ」であるオペラ座の元オペラ歌手の
矢野恵子さんとLee Davis夫妻に連れられて行くウイーン風カツレツを食べに行くのが楽しみです!
ほ~~ら、おおきいでしょ!
                Wiener schnitzel

ヴァイオリニストの高田治子先生と指揮者のWen-pinとロシアのオペラ歌手のElenaも一緒で
ロシア文学について話していると横からWen-Pinが冗談を入れてきたり、
とても楽しい時間を過ごしました。

                      恵子さん、治子先生、エレナ

最期の晩はISDのコンサートでした。
昔からのお馴染みのコンサートなのでチームワークもばっちりだし、
とても楽しい恒例行事という感じですね!
そして打ち上げはこれまた恒例のイタリアンで。
その場に戻ると当たり前にあるいつもの物、事、というのは落ち着くものですね。

                      sanchan, Anke etc
Jean, Dirk

写真を一緒に撮らなかった友人達も多くいて(ドイツ人には「なぜいつも写真を撮るのか。良い思い出は心に残せばいいんだ」という人達も多い事と、あまりに熱心に話し込み、写真を撮る、という行為がそぐわなかったりして)
皆自慢の友人達なのにご紹介できずにちょっと残念です。

今回も一人一人と友情を確かめ合え、また来年も一緒に仕事をさせてもらうことになり、
こうして日本での刺激的な日々とドイツでののんびりとした落ち着いた日々との間を行ったり来たりしながら
心のバランスを保っていく、というのが今の所ベストな選択なのかな、と考えています。

日本に戻ってからは翌日からはみっちりと毎日レッスンと補講とが入っていて
すっかりドイツでの日々が遠い過去になりつつあるかのようです。
慌ただしい日常に飲まれてしまわないように過ごさなければ!と自戒しながら
久々のブログ更新でした。

日本では丁度今が春休みですね。
皆さまにとり、有意義な休暇となりますように!!

バタバタ・・・


たった今、CDのブックレットの曲目解説を送り終えました!
やれやれ・・・!!

普段のトークでもよく言うのですが、私は音楽学者ではないので
あまり難しいお話しをするよりも必ずしもクラシック音楽に対する知識を持っていらっしゃらない方でも
興味を持っていただけるような一般的な内容(?)のトークをするように
意識しています。

ですので、今回の曲目解説も「解説」というと立派に聞こえますが、
本当は「曲目について豆知識」ってものを書きました。

それにしてもきちんと文章を書くってどんなに短い物であっても難しいものですね!
何度も書き直しながら自分の文章力のなさを何度嘆いたことか・・・。
でも最終的には理解しやすいものになっているかと思います♪

今朝は新しく大きなスーツケースを買いに行きました。
どんどん良い物が出てるんですね。
これを持って来週からドイツです!
でもその前にもうちょっとやらないといけないことが色々あるので
もうひと踏ん張り。
きっと行きの飛行機の中では爆睡確実だわ^^;)

岩崎淑・洸先生 ベートーベン全チェロソナタ演奏会のお知らせ


今日は今月末、3月27日(金)に岩崎淑・洸先生によるベートーヴェン・全チェロソナタ演奏会の告知です♪

一晩で全ソナタを聴けるというとても贅沢な演奏会です。

岩崎淑・洸先生コンサートチラシ


数年前にイタリア人のチェリストと岩崎淑先生とが同じプログラムで演奏され、
感動したことを思い出します。
今回は息のあった姉弟のデュオですし、両先生方にとり、手の内に入ったプログラムですので
とても楽しみです。

是非この機会をお見逃しなく!!

3月27日(金) 18:30開演(18:00 開場)

場所: 浜離宮朝日ホール

チケット: A席 5000円、 B席 3000円 (全席指定・税込)

お問い合わせ: カメラータ・トウキョウ 03-5790-5560

sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
12月3日(日)Motokoのサロンコンサート    Vn 所素子    Pf.寺田まり 会場:なごみ邸(横浜線:中山駅 徒歩7分) チケット:4000円 お問い合わせ・申し込み:045-929-1311  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle