やっぱり女子は同じね!


前回のネコちゃんハンドウォーマーと香水の写真はフェイスブックにも
出したのですが、この写真に実に沢山の方々に共鳴して頂きました!

演奏家の方は「香りは絶対に大切よね!」という反応で、
”やはり皆同じなのね”としたり顔の私。
ピアノは基本、一人で楽器と自分との向き合い(音楽は当然なので敢えて言いませんが)なので
常に自分で自分を鼓舞しながら
音楽作りをしています。

そんなとき、香りの力を借りることで興奮しすぎたときは優しいフローラル系の物を、
なんとなく気分がすっきりしない時は柑橘系のものであったり、
その時の状況に応じて香水をつけます。

きっと女性は誰しもが香水に限らず、「香り」に敏感ですよね♪

また、写真のネコちゃんを殆どの男性陣は「座布団」だと思われたようです・・・
まぁ、普通はハンドウォーマーだなんて一発でそうそう分からないですよね。

思わぬ事柄に皆さんの関心を集めたようで
ちょっと楽しいやりとりを楽しみました☆
スポンサーサイト

録音、無事終了しました!!

8年ぶりとなった今回のCD録音・・・
紆余曲折ここに至るまでありましたが、とてもプロフェッショナルな真摯で厳しい
Schatzgraeber(シャッツグレーバー)のプロデューサー、桑原さんに
お願いして録音することが出来、昨晩無事終了いたしました!

自分の音楽と音色に朝から晩まで丸々2日間向き合えたのは
とても貴重な経験でした。
日頃は「これでよし!」と思っていた些細な事も桑原さんと
禅のような会話のやり取りをしながら追い込まれ、時には「ファイターだ」と煽てられながら
最終的に良い物を
取って頂けたように思います。
もっとも、追い込めば追い込むほど理想は高くなり、それにこたえられた時の何とも
いえない喜びと答えられなかった時の悔しさ・・・両面ありました。

単に演奏して綺麗に弾けたものを取るのでしたら
自分でも簡単に今の世の中、録音出来てしまいます。
でも、理想を追い求めながらもがいて更に一歩上の演奏を目指して行くのに
力を貸して下さる方とチームを組めたのはとても幸せなことでした。

また、スタッフの高山さん、そしてピアノを私の思い描いている音色とタッチに細やかに
調整して下さった調律師の鈴木良さんにも感謝でした!
Tuning the piano just as I like it !

ところで録音するにあたって必須の物がありました!
まずは友人から年末にプレゼントされたネコちゃんのhand warmer !
耳に手を入れると中がふわっふわで暖かいのです。
すぐに手が冷たくなってしまう私にはなんともタイムリーな有難いプレゼント!
そしてお気に入りのクロエの香水♡
色々な香水を使い分けていますが、これは大切な場面では必須です。
ずっとホールに籠っているとどうしても気分転換がしたくなったり、気分を盛り上げたくなったりするので
この香水を身にまとい、乗り切りました♪
                   録音の友

CDが出来上がり発売されるのは5月になると思いますが、
沢山の方に是非聴いて頂きたいです!!

色々な作曲家の作品を入れましたのでどうぞお楽しみに♪





港北小からのフィードバック、頂きました♪


先月、アウトリーチで演奏しに行った港北小学校の西田知佐先生が子供達が
書いてくれた感想文を送ってくださいました!

港北小 鑑賞カード

この真っ赤なリボンが素敵な西田先生らしいお心遣いで嬉しいですね

自分の演奏を子供たちにはどのように伝わったのかを具体的に知ることが出来て
色々と参考になります。
面白いのは殆どの子供達が演奏中の表情についてコメントしてくれたことです。
身体の動かし方であったり、手のさばき、果ては顔の表情まで
そんなにしっかりと見られていたんだ!!と驚いてしまいました。

今回はものすごくノリノリな気分で演奏できたのだけどそれがきちんと
伝わっていたようで何よりも嬉しい

来年のアイディアはもっと凝りますよぉ~~!!
感想文、書いてくれたみんな、有難う!
そしてお送りくださった西田先生にも感謝です

PIA Japan ピアノコンクール


昨年末の出来事になってしまいますが、
PIA Japanピアノコンクールと検定試験の審査を務めさせて参りました。

感想などはHPのReport欄に綴ろうと思いますので
ここでは割愛しますが、コンクールは2年に一度ですが、検定は
半年ごとにあるので諸先生方とお会いするのも毎回楽しみです。

先ほどコンクールの審査員長でいらっしゃる片山裕之先生からお写真を頂きましたので
ここにアップ致しますね☆

PIA JAPAN Comp. with Jon and Katayama-sensei 片山裕之先生、ハワイ大学のJonathan Korth先生
PIA Japan Comp. with 川嶋先生、菊川先生
菊川秀子先生とクララ・シューマンの研究されていらっしゃるピアニストの川嶋ひろ子先生とも。
ご一緒のお写真がなくて残念ですが、他には伊藤ゆう先生と村田先生もいらっしゃいます。

今回は私も初心者の生徒さんを一人コンクールに出し、
良い成績で予選通過出来ましたので、彼も大喜びでやる気に
益々火がついているようです^^)

定期的に何らかの公での演奏の場を与えてあげるというのも教師の大切な
役目ですね。



家族との時間

2015年に突入してすでに3日が過ぎようとしています。
時の流れ、早すぎ!!!

年末からは坂を転げ落ちるような忙しさで年末とかお正月という事を
意識することなく今日まで来てしまった感があります。

今年は両親が私達兄弟&その一家を伊東の温泉に31日から1月2日まで
招待してくれたのでいつもお台所でお節作りに忙しい母、弟、義妹にとっては
ご馳走作り、という大役から解放され、
すぐ下の弟と私は少し体調を崩し、丸々2日、ベッドで爆睡状態。
これも家にいたら、”仕事が・・”、 ”ピアノをやっぱり少しは弾かなくては・・”などの思いが
よぎり、きっとこんなに身体を休ませられなかっただろうことを
思うと本当に有難くのんびりさせてもらいました。

今日はスペインお節と宮島家(母の実家)に代々伝わってきたお雑煮を頂き、お宮参りをし、
ようやく「新年」を迎えた気分!

午後には叔父達も来てくれ、とても賑やかに楽しく過ごしました。

この叔父家族とは年末に、そして家族とは昨日祖父母のお墓参りに行けたのも心穏やかになりました。
お墓参りお花


家族からパワーをもらい、明日からいよいよ始動です!!

そうそう、昔からの友達に数日前「ねぇ、昔はラフマニノフは私は絶対に弾かないと思うって言ってたのに
今、どうしちゃったのぉ~!」と言われました。
そんなこと、言った記憶ないんだけど、確かに昔はロシア物をなんとなく
自分とは合わない、と食わず嫌いで敬遠してたかも、と。
ここ数年、以前と違う経験を色々としてきたためか、
以前とは違う考え方をしている自分に気づくことが多々あります。
まだまだ柔軟性を持てているみたい、とちょっとにんまり嬉しくなることもあります。^^)

その新しい考えや感性を音楽の中に積極的に反映できるようになると
また表現の幅が広がるのでしょう。
沢山勉強し、得た知識を上手にアウトプットしていく。
芸の肥やしになることは積極的に行う。
今年は更に貪欲に勉強していきたいし、
良い舞台に出会えるように動いていきます!

来年の今頃は一体何を得ていることかしら、夢が膨らみます。

Happy New Year 2015 !

Wishing you all a very happy and prosperous new year 2015 !!
And with some of you, I look forward to catching up with you again this year in
Germany, France, Vietnam and Thailand !!

音楽家


あっという間に2015年に突入してしまった感がありますが、
明けましておめでとうございます!

昨年も新しい経験、そして出会いに恵まれた一年でした。
今年は更に去年得た物を継続して磨いていき、大切にしていきたいと思います。
今年は本当に久し振りのCD録音も間もなく行いますし、
もっと充実した音楽人生を歩んでいきたいと思います。

皆さまにとりましても幸せ一杯の充実した一年となりますようにお祈りしています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
5月21日(日) 「ミューズの玉手箱」Vol.1           ゲスト:高野正人先生(精神科専門医)  会場:横浜イギリス館(みなとのみえる丘公園内)  時間:19:00開演(18:30開場)  チケット:3500円 (紅茶サービス付き)*要予約  お問い合わせ・申し込み:voixmuse@gmail.com  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle