譜読み


もう2年近く弾いている曲の譜面をじ~~~っと見つめていたら
ある、ある、新しい発見が!

何度も演奏している曲に陥りがちなことだけど
手の内に入っているから、なんて思うことが一番危ないの。
上辺はもちろん頭にも指にも馴染んでいるのだけれども
作曲家が求めた細かなニュアンスは意外に落としてしまいがち。
うっかりすると段々と作曲家の要求よりも我流のスタイルになってきてしまいます。

だからピアノを離れたところでひたすら楽譜を”読む”という行為がとても大切になってくるのです。
初心に返ってみること。

新しい発見をするたびに作曲家の偉大さを思い知ります。
紙の上で描きえた指示なんて絶対にほんのわずかな事だけだから
それ以上の事も感じ取って表現して行かないといけないのに
まだまだ紙面での発見がこんなに出て来るだなんて嬉しいような情けないような。

               Fish in Thailand


スポンサーサイト

ロシア関連書籍


寒くなってきましたね!

この季節になるといつもに増して家に閉じこもり、ひたすら本を貪り読みたくなりますが、
この秋から急に生徒さんが増えたので、自分の練習時間の確保でさえ、必死という経験をしています。
よって、読書タイムはレッスンへの行帰りの電車の中!

                     ロシア関連書籍


中々今迄のようにページが進まないのですが、
バンコクで買ってきた Former Peopleというロシア革命によって運命が変わってしまった
ロシアの貴族たちのその後に光を当てたという珍しい観点からの物が一冊。
そしてもう一冊はロシア文学者の亀山郁夫氏著の「磔のロシア」。
スターリンと芸術家たちという副題にあるとおり、詩人、作家、作曲家などとスターリンとの
関わり合い方を書いたもので、読みながらいかにスターリンの元に行われた恐怖政治の中、
芸術家たちが必死に生き延びようとしたかを描いた息苦しい当時の様子が生々しく
伝わるものです。

こういう本を読んだから直接それが演奏に反映されるかというと
もちろん必ずしもそうではないのですが、作曲された国や時代の雰囲気を知っているか否かというのは
曲の感じを掴むには必要な事だと思います。
実際にこういう本を読み、色々と考えたりした後、ロシア物を弾くと
少し音の色合いも変化するように思えるときもあります。

数年前からロシア関連の本を集めて読んでいますが、
独特の世界に、知れば知るほどその魅力の虜になっていきます。
ロシア音楽の世界もどんどん開拓していきたい!!

タイの歯磨き粉


Zahnpasta.jpg
   
        ジャン!! タイの歯磨き粉です!

ガイドブックに似たような歯磨き粉で「マンゴスチン」味というのがあったので
マンゴスチン大好きな私としては是非とも買わなくては!と張り切って持ち帰ってみたら
どうやらこれは違うものを買ったよう。。。

よくよく表示を読むとナチュラル・ハーブ入りとあり、セージやらカモマイルなど配合されているのですが、
味は龍角散・・・

使い始めの頃は毎回むせそうになりながら使っていましたが、
今やなんだか効果がありそうにさえ思えてきました^^;)

それにしてもタイ人っていつもこんなに苦い味の歯磨き粉をつかっているのかしら。

12月3日 ガラコンサートのお知らせ♪


来月。。といってももう3週間後(!)の12月3日に紀尾井ホールにて19時から
日墺文化協会主催のガラ・コンサートに出演します!

               ガラ・コンサートチラシ

普段のリサイタルとは違い、この日は歌あり、ヴァイオリンあり、ピアノあり、と多彩な演目ですので
華やかなこのコンサート。
私も華やかにラフマニノフのプレリュードからop.32-12, そして「音の絵」op.39-4,
リストの「ウイーンの夜会」「愛の夢」「リゴレット・パラフレーズ」を演奏します♪

ラフマニノフの2曲は今回初めて舞台に載せるのでちょっと緊張しています。
でも弾けば弾くほど感情が入るこの曲、練習しながら無我夢中になってしまいます。
これを機にもっとラフマニノフ初め、ロシア物を沢山来年から舞台に載せたいな。

皆さんには私のラフマニノフ、どのように思われるでしょうか。

当日は夢のような時間とワクワクする時間とを30分間の中で表現できるといいな、って思ってます☆
是非聴きにいらして下さいね~♡

にんにくのプレゼント!


ヴィオラのS戸さんから思いがけなくサプライズ・プレゼントを頂戴しました。
                            青森ガーリックとドライアップル

青森出身のS戸さんらしく青森のドライ・アップルと田子のにんにく!!!

にんにく、大好き!!
しかも田子のにんにく

タイから戻ってから鼻風邪を引き、ず~~っと治らないでいます。
それ以外の風邪の症状はないのでいいのですが、
ティッシュを手放せない毎日というのも、ちょっとねぇ・・・。

でもこれで一気に治る予感!
免疫力上げて体力つけなくちゃ
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
6月24日(土)”ミュージック&ワイン”シリーズコンサート   会場:南麻布セントレホール 時間:15:00開演(14:30開場) 入場料: (ワイン・ドリンク付き)      一般当日:4000円、前売り:3500円、SMSサポート会員 2800円 主催:SMS チケット予約:南麻布セントレホール 03-5791-3070 アクセス:「広尾」駅1番出口より徒歩7分  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle