岩崎淑先生のダブル受賞をお祝いする会@ホテルニューオータニ


今日は岩崎淑先生の新日鉄住金音楽賞とミュージック・ペンクラブ音楽賞というダブル受賞を
お祝いする会がホテルニューオータニで華やかに行われました。

社交的にご活躍の先生らしく、音楽界のみならず様々な分野の第一人者たちが多く集まる
とても華やいだ素敵な会で、お祝いの音楽あり、お言葉ありと、先生らしいものでした。

それにしてもおいくつになられても毎年毎年飛翔し続ける先生の音楽に対するものすごい熱情、愛情、そして
執念(もちろんいい意味で、です!)がこのように「進化」という形で表れるのですから、
尊敬の一言に尽きます

演奏家として常に第一線でいらっしゃりながら、教師としても若手の発掘に力を入れたり、
家庭人としてのお顔もお持ちでいるというのは並大抵のことでは出来ないと思うのですが、
それでもいつも楽々と乗り越えられ、夢をどんどん形に変えて行ってしまうそのパワーには
いつも圧倒されます。

もっとも、身近にこのような素晴らしいお手本がいらっしゃるのだもの。
”圧倒”ばかりされていないで少しは見習う努力をすべきですね!

さて、パーティー会場では色々なお知り合いの方がたにお会い出来、楽しい時間を過ごしました。
ワインでご機嫌な音楽評論家の萩谷由喜子先生とバリトンの河野克典先生
河野先生、萩谷先生with ワイン
河野先生、深雪さんと
以前伊達でお世話になった増岡深雪先生も北海道から駆けつけられていました。

歌う河野先生
菩提樹と”An die Ferne Liebe”を歌われた河野先生。心にしっとりと響きました。

野田弘志先生、加賀乙彦先生
作家の加賀乙彦先生と日本画家の野田弘志先生にはさまれてちょっと緊張気味のワタクシです・・・淑先生&萩谷先生

今日の主役!!おめでとうございます!!
これからも益々素晴らしいご活躍を!!!
スポンサーサイト

In Paris


パリでの毎日は親友のエリーンと我がフランス人の”お兄さん”宅でのとっても素敵でナチュラルな
ごくごく当たり前の日常生活でした。
昔から嬉しい事や辛い事があるたびにドイツから電車に飛び乗り、二人の家に駆け込み、
しばらく滞在するというスタイルでしたので、
現在でも数年ぶりのパリでしたが、同じように迎えてくれ、幸せなパリ生活を過ごしてまいりました♡

今回は母が初めて一緒でしたが、気を色々と遣う母でさえ、あまりの居心地の良さに
空港でお別れするときには涙を浮かべていたくらいでした。

相変わらず沢山の親戚家族や友人達が押し寄せる家でしたので
パリの街に繰り出す時間よりも更に長くお家でのゆったりとしたおしゃべりタイムを過ごせました。

P1020834.jpg
Eline, Manu, Mom I
JF.jpg
Manu I
とにかく毎日朝から夜中までしゃべりまくりで英語とフランス語が飛び交うので母もついていくのに
大変だったようで、途中ドイツでは日本語ペラペラなドイツ人の友人が一生懸命に日本語を話しているのに
母は必死に英語で答えるという始末!^^;)

エリーンやマニュはお料理が上手で手料理を毎日振る舞ってくれましたので
母も材料が手に入る物で天ぷらやカリフラワーサラダ、わかめのお酢漬け料理みたいのを
ちょこちょこと作りましたら何とこれが大受けで、皆に大好評!
お互いに知らない具材や調味料について教えあいながら毎日お料理したのも
楽しかった思い出のようです。

それにしても毎日のチーズが恋しいわぁ・・・
あのゴロゴロした塊を何種類も取り分けて頂く生活がすでに懐かしくあります。

そうそう、留学時代からの仲良しのピアニストMuzaffar Abdullarにも会いました。
彼とはいつもくだらない冗談で盛り上がり、まるで女子会のように盛り上がります☆
そんな中、もちろん真剣に音楽の話もしました。
昔からの仲間なので今やお互いに励まし合ってアドバイスしながらがんばれる。
そういう仲間がいるのは有難いことですね!
                       Wih Fahr




Jean & Wolfgang's wedding !

親友のジーンの結婚式に母と一緒に出席してきました。
今回は彼女のmaid of honorという大役を仰せつかっての参加ということで
少々緊張しながらも、とても美しく、そして彼女たちらしい自然体な結婚式で
沢山幸せのおすそ分けをもらってきました♡

バックに写っているのはHertenという場所のお城。
雰囲気もばっちり!
彼女のとろけそうな笑顔を見ていたら、とっても嬉しくなってしまいました。

日頃は彼女が私のサポートをしてくれることが多いのですが、この日は!とばかりに
一生懸命に御世話してきました・・・といってもドレスの裾をきれいに直すことばかりに
心が集中していたかも。^^;)
         Bachelor bowling party, Sato-chan

下2段は結婚式前夜のBachelor's partyでのボーリング大会の様子。
ボーリングなんて小学生以来でしたが、下手なりに結構楽しみました♪
左下にいるのがISDで日本語の教師をしている友人さとちゃん。
全部彼女が撮ってくれたものです☆

               Jeans wedding with Sato-chan Mom

結婚式では他にも沢山の友人・知人との再会もあり、日頃から両親に彼らの話をしている私としては
一緒にいる母に紹介し、話すことによってようやく名前と顔が一致出来たと母にも喜ばれて嬉しい事でした!


サッカーWM、ドイツ優勝!


ーーということでフランス人の友人Manuがドイツの旗の色の洋服をご披露。

                 P1020810.jpg

あまりサッカーはよく分からない私ですが、2006年に友人と一緒にドイツでのサッカーWMを観戦しに行った思い出が
あるので懐かしく思いました。
それにしてもドイツチームは優れたチーム連係プレイが優勝のカギだったらしいですね。
見ていてワクワクしました!

Some pictures from the private concert


Just got back from Europe !
Jean's wedding was fabulous, spending quality time with friends, admiring my favorite city in the world , Paris was so inspirational....
But before I could put all the pictures from the trip, I need to get back to reality and start working on several things, so
in the meantime, I'll just post some more pictures from the private concert last month.

It seems I'm always behind with my "reports" and pictures but there are things I just cannot change !

Private concert
Going over the text with my brother, Yuichigoing over things with Yuichi
apres le concert
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
6月24日(土)”ミュージック&ワイン”シリーズコンサート   会場:南麻布セントレホール 時間:15:00開演(14:30開場) 入場料: (ワイン・ドリンク付き)      一般当日:4000円、前売り:3500円、SMSサポート会員 2800円 主催:SMS チケット予約:南麻布セントレホール 03-5791-3070 アクセス:「広尾」駅1番出口より徒歩7分  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle