ピアノポストカードのプレゼント♪


前回はSteinwayのお話しでしたが、今日はBechsteinというこれまたドイツのピアノのお話しです。

先日、BechsteinのK.さんからこのようなピアノのポストカードを4枚プレゼントしていただきました♪
                   P1020799.jpg
4枚ともどれも素敵なのだけどこの1枚が一番のお気に入りです。
豪華なステージで一心不乱に演奏している姿がとても好きです♡
一体何の曲を演奏しているのでしょうね。

ちなみにBechsteinのピアノを愛用していたのはドビュッシーとリストもいます。
とても透明感と伸びのあるイマジネーションを掻き立てられるピアノです。

そして、ドビュッシーといえばこれ!!

               P1020796.jpg
先日大好きなデュフィ展に行ってきました♪
彼の色使いや油絵なのにまるで水彩画で描いているかのような絵の質感、そして
もちろん描いているモチーフも音楽の物も多く、見ているとフランス音楽が聞こえてきます。
ドビュッシーもいいけど、展覧会を見ている間、ずっとプーランクの曲が
頭に響いていました☆

さて、明日からは久しぶりにパリとドイツへの旅をしてきます。
沢山のインスピレーションを心に持ち帰ってきますね♪
スポンサーサイト

Steinway Arabesqueモデルの写真です


Playing Steinway Arabesque

                                        Steinway Arabesque

うっとりするようなピアノですね!

いつもコンサートでは”どんなピアノとの出会いがあるかな”とワクワク感とドキドキ感が入り混じります。

世界で20台しかないスタインウエイを弾きました!


昨日はプライベートの会で演奏しました。

場所は横浜馬車道にある馬車道スタインウエイサロン。

”スタインウエイ”のサロンだから当然Steinwayとその関連ピアノしか置いていないのですが、
なんと昨日は世界に20台しかなく、日本には2台しかないという「アラベスク」というシリーズの
ピアノで演奏させていただきました

その名前の如く、アラベスクのような流れるようなフォームのつっかえ棒であったり、
少しカーブがかかった譜面台、シルバーフレームなどなど、見ているだけでも
うっとりとするような美しいピアノでした。

そしてトランペット効果があるというピアノの屋根から出る音はまるで
ステレオ音のようなふんわりと香るような響きで演奏していても自分の音が
とても聴きやすく、なんとも心地よいのでありました。
普通はなんとなく耳を右上方向にすまして音をキャッチしようとするのですが
昨日は両サイドから音に包みこまれるようでした。

あまりの気持ちの良さに急遽シューマンの「アラベスク」を演奏してしまいました

会自体もとても和やかで楽しいものでありましたし、
とっても心が安らぐ音楽の時間にこれからも沢山のこのような瞬間があるといいなと
想いながら会場を後にしました。


Birthday !

今日また一歳年を重ねました。

朝から電話やメールで沢山のお祝いをもらい、とっても幸せな気分です♡

昨日までちょっともやもやしていた事があったのですが、
ある方からのタイムリーな一言でそのもやもやが吹き消され、お蔭で今日は
すっきりした気分で過ごせました!

ベトナムのドイツ総領事からは「年齢を重ねた分だけ、益々深みのある良い音楽が出来ますね」という
とても温かいメッセージを頂きました☆

単に年を取るのではなく、その年齢の重みを音楽に重ねていく一年にしよう!と
思います。

頂いた素敵な言葉をエネルギーに変えてまた一年間頑張ります♪




着物でコンサートに行ってきました!


いつも「Motokoのサロンコンサート」でご一緒させていただいている
ヴァイオリンの所素子さんと歌・ピアノの木村真紀さんのユニット「着物DEコンサート」から
帰ってきたところです。

いつもは自分が舞台に立って演奏している場所で、初めて聴衆として
素晴らしい緑いっぱいのお庭を眺めながらのコンサート鑑賞はとっても新鮮!

木村真紀さんの演奏は初めてでしたが、透明感のある表現力豊かな歌声と歌詞が
なんとも心に沁み渡り、素子さんのヴァイオリンもクラシックとはまた違った素敵さで
うっとりとする時間を過ごしてまいりました☆

コンサートのタイトルにもあるようにお二人とも着物姿!
お客様も会場で着付けもしていたので沢山のお着物姿の女性で
かぐわしい雰囲気ばっちり!

クラシックピアノ演奏だと多分、袖をまくりあげての演奏になってしまうのでしょうけど
真紀さんスタイルの演奏だと全く邪魔にならないどころか、シンプルなお着物が
華やかな髪飾りによってとても活きていてまぁ、なんともチャーミング。

昨日は友人とのディナーで、彼女もウイーンで買い求めたというとても素敵な
髪飾りを付けていたのだけど、このところ、やたらと髪飾りに目がいってしまうワタクシです。

コンサート後は恒例の楽しい打ち上げに私も参加させていただき、
またまた遅くまで楽しい笑いの時間を過ごしてきました。
そうそう!
真紀さんはなんと捜真での大先輩だという事が判明!
こういうのってなんだか妙に嬉しくなるものですね☆

素敵な音楽に癒されて、パワーチャージ、ばっちりです♪

You Tube 情報


去る4月にPTNAさんの公開録音コンサートで録画したものが
You Tubeでアップされました。

担当の金井さんには辛抱強くお付き合い頂きました事、感謝申し上げますm(_)m

いつもお願いすることを大変快く、かつ迅速に対応していただきました

演奏を聴き返してみますと、慎重のあまりに色々と傷もありますが、
よろしければお聴きください♪

https://www.youtube.com/watch?v=Ahns66zxCHQ&index=2&list=PLGM1kFYMXxdRCy_lPqAYmtvui11z5MfEC

ちょっとした時間でも・・・


数か月ぶりに親友のイーリンと彼女のピアニストの従妹と会いました。

ほんのちょっとティータイムを一緒にしただけなのに
心が幸福感で満ち溢れることが出来るだなんてなんて幸せな事なんでしょう☆

                   with Eling and Lynn

PIA Japan 検定試験


今朝はPIA検定試験の審査をしてきました。
半年に一度行われる検定試験。
審査に加わらせていただいてから2年?3年?だか経ちましたが、
初めの頃に比べると皆さんの演奏が確実とレベルアップしているのと
以前見受けられた問題点をきちんと修正してきているのには驚きます。

きっとご指導されている先生方と二人三脚で熱心に取り組んでいるのですね!

人前で演奏するというのはどのような形であれ、
自分の成長を図る良いバロメーターになるので継続して
受験するというのはとても大切な事ですね☆

今日は小雨状態で空気も澄み、お花も瑞々しく美しかった!
6月というと紫陽花ですね。
子供の頃は何となく寂しい感じのお花だなと思い、あまり好きではなかったのですが、
いつの頃からかとても愛らしく思うようになりました。

                          あじさい
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
10月12日(木)南麻布ランチタイムコンサート   会場:南麻布セントレホール 時間:12:30開演(12時開場) 入場料: 2000円       主催:SMS チケット予約:南麻布セントレホール 03-5791-3070 アクセス:「広尾」駅1番出口より徒歩7分  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle