Chavanne Exhibition

Went to the Chanvanne Exhibit yesterday.
I knew that he was a mural painter, but wasn't sure what the difference would be
from a "canvas" painting.

It's always quite informative to listen to the short introductory film they show at the exhibit. After having had general introduction, it enables your mind to focus on things you weren't aware of before. Such was the case again yesterday.
One saw the fresco influence and how the work process had been done.
It always fascinates me to watch the "process" of the actual work - whatever it is; music, art, sculpture, film making, cooking....

Luckily, there are several of his works at the Pantheon, Sorbonne and at Hotel de ville in Paris, so I'd better make sure to go visit the original in summer!!

シャヴァンヌ展


シャヴァンヌ展に行ってきました。
壁画作家とは知っていましたが、カンヴァス画家との違いが分からなかったのですが、
なるほど、美術館には足を運ぶものですね。
また違った絵画のスタイルの勉強が出来ました♪

彼のオリジナルはパリにある市庁舎やパンテオン、ソルボンヌ大学にもあるそうですので
夏には本物のシャヴァンヌに会いに行こうと、また楽しみが一つ増えました。
スポンサーサイト

女子フィギュアを観て。


4年に一度のオリンピック。
毎回どの競技の選手にも感動する秘話がある。
全員が頂点を目指して頑張っているのだからちょっとやそっとの努力ではないはず。
身体を酷使しているので怪我や身体の痛みを慢性的に
抱えながらそれでも努力するのがどんなにスゴイことかは
演奏家も似ているのでよく分かる。

メンタルの強さがいかに重要かというのも同様。

だから私は全くのスポーツ音痴で出来るならば身体を動かしたくない、という
人間だけど、オリンピックに限らず、サッカーでも何でも
ワールドカップのような大きな大会になると
必死に観戦してしまうのだ。

音楽コンクールを聴くとやはり自分のやっていることなので
違う楽器であったとしても、冷静に聴いているつもりでもあれこれ雑念も入ってしまうが、
スポーツの場合、ルールおろか、存在さえしならかった競技もあるので
とても冷静に分析しながら観戦できるし、それを我が身に置き換えて
反省したり、学んだりもできる。

でも浅田真央ちゃんのことになると、まるで自分の親戚の女の子であるかのように
感情移入してしまい、演技が始まる前から終わるまでずっと心臓がバクバクしっぱなし!
今回はだから翌朝のニュースを見るようにしよう、とリアルタイムでは
観ないようにした。

SPの結果から一夜明けて昨日の渾身の力がこもった演技、そして
終わった後の彼女の泣き顔に私も何度も涙してしまった。
ずっと何年も何年も大会に出れば「優勝か、金メダルか」と騒がれ続けてきた
プレッシャーと戦い、みんなの期待に応えようとする思いの中での
競技生活では嬉しいことも沢山あったと思うが、それと同様に辛い事や
苦しいことも多かったのではないかと思えたから。
彼女も金メダルをずっと目指して4年間頑張って来たから
悔しいには違いないけど
最後にあんなに素晴らしい演技をみせてくれてそのチャレンジャー魂に
日本中の人が感動したと思う。
そしてここまでも多くの人から愛される真央ちゃんというのは
単に素晴らしい選手という以上にやはり「スター」なんだな、と思った。

また、鈴木明子選手も演技後のインタビューで彼女の素晴らしい人柄と知性が
表れていてこれまた素晴らしいと思ったし、
村上選手も初めてのオリンピックでよく健闘したと思う。
沢山の感動に感謝!!


音楽でもやはり一番大切なのは人に感動を与えることなんだな、と今更ながら
強く感じ、感動を与える演奏するには・・・まだまだ考えることが沢山あるよう・・・

ピティナの会に参加してきました。

昨日は朝から半日、昭和音大で行われた全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)主催の
「アンサンブル・国際交流委員会」に参加してきました。

ピティナでは演奏家、ピアノ教師、そして生徒さん、それぞれが各々の立場から得るところが
沢山あるように様々なことが考えられている素晴らしい組織で、私も昨年から正会員として
ピティナ会員です♪

4月には「公開録音コンサート」で早速お世話になりますが、
生徒さん達にも発表の場を与えてあげたいし、他の生徒さん達の演奏を聴くことで
もっと切磋琢磨して欲しいけど実際にはどのように何をすればいいのかしら、と
色々と疑問があったので
参加したのですが、本当に有意義な時間を過ごせました。

組織としてとてもしっかりしているので、
毎回驚くことばかり!

またピアノを指導されている沢山の方がたともお話しさせていただくことが出来、
参考になるお話しも一杯聞けました。


スタッフの有門さんや倉持さんにも大変お世話になり、有難うございました!

                   ピティナ・トピックス
(photo credit: PTNA)




私はここで何をしているのでしょう・・・


昨日は雪がまだ積もる中、ある場所に行ってきました。
ここで一か月間お世話になります。

さて、私は一体何をしているのでしょう・・?

ヒント①   さて、この台は何でしょう?

(今回はちゃんと写真を転回させたのに何故かここでは反映されていない!!しかもボケてる!お顔を横に傾けてご覧くださいませ)

ヒント②  この新しいお仲間の後ろの背景をご覧くださいね☆

          sculptur class

答えは来月末に終了したら、アップします♪

ふふふ・・・そう、「まさか」のそれですよ^^)

Happy Valentines's Day ♡

We have heavy snow AGAIN today ( and tomorrow, according to weather forecast).
I wasn't sure if my student would show up in this snow coming all the way from
Kurihama. But there he was !
And he reminded me that it was "Valentine's Day" today and gave me this
yummy box of Godiva chocolates !

Valentines Day
( I still haven't figured it out how to turn the picture around. GRR)


Was so touched by his kind gesture.
Thank you, Jordan

今日も大雪です。どうやら明日もらしい。
こんなこと、今までなかったのにどうしたのでしょう。
今後これが当たり前のパターンになりませんように!と祈るばかりです。

さて、今朝も生徒さんのレッスンでしたが、雪を体中かぶって来ました!
そしてバレンタインのチョコをプレゼントしてくれました♡
私にとって今日は「大雪の寒い日」という認識しかなく、すっかりそんなこと忘れていましたが、
思いがけないプレゼントに心はホッコリ

「今日はバレンタイン何かするんですか」と聞かれましたが、
う~ん、もうそういう年齢ではないのよぉ・・・
頂いたチョコを時々つまみながら練習なんて言ったらあまりにロマンがなさすぎるかしらね。(笑)

でも皆さんにはHappy Valentine

エル・バシャ氏のマスタークラスを聴講して


今日はエル・バシャ氏の講習会を聴講しに行ってきました。
マスタークラスなんて何年振りでしょう。

2時から6時半までたっぷり4時間(途中休憩もあったため)聴講しましたが、
とても有益なレッスンでした。
当然と言えば当然ですが、学生時代とは違った立場・観点から聴講するので
以前よりも理解度も深まっているわけですし、
エル・バシャ氏の言う事をとても多角的に捉えることができました。

今日はショパンを演奏する人が多かったので彼について一般的な事なども含めて、
とても参考になることが沢山あり、自分がいつもショパンを演奏するに当たり、
疑問におもっていることなどへの解決ヒントも与えられたように思えたのも
嬉しい収穫!

会場はBechsteinホールだったのですが、Bechsteinピアノの音色の美しい事!!!
キラキラした音色に心が吸われていきそうでした

このところ、出会うピアノに毎回感動している感じがしますが、
ピアノも人間と同じで一つ一つ、異なった個性があるのです。
そして私たちはホールで出会った楽器を弾くしかないので
相性の良いものと出会えた時の感激といったら普通ではないのかもしれませんね

今日は聴講のため、残念ながらピアノをさわることはできませんでしたが、
以前Bechsteinを弾いた時、そのキラキラした透明感のある響きがドビュッシーを
演奏すると、ぴったりでしたが、後で知ったところ、ドビュッシーはBechsteinを
持っていたんですって


On a snowy day...


It's been snowing the whole day today - in fact, since last night and I've never seen
such deep snow before !!
I am so glad that I had the luxury to stay in today!

Despite the heavy snow, my Indonesien student showed up this morning for her lesson
and was quite excited about the snow - of course! No snow in Indonesia !!
In her exhilarated voice, she happily announced going over to see her
BF after the lesson to make snowman together ( so cute !) and then
they'll be studying for their exam.

Since I've got no one to make snowman with, I have made myself a nice cup of
tea and had this lovely chocolates my friend made me yesterday
玲子さんのチョコレート
As I munch on them, I've just started a new book on Russian History.
Would love to visit the country one day...

Hope you're all keeping warm !!

今日は日本中ものすごい雪ですね!
先ほどベランダを見たら20センチくらいは積もっているでしょうか。
なんだか雪国に来たようで興奮してしまいます。
ーーもっとも、そんなことを言っていられるのも暖かい家の中にいられるからですよね。

今朝、生徒さんが興奮しながらレッスンに来ました。レッスン後はカレの家に行き、
二人で雪だるまを作ってから勉強するんですって。
なんて楽しそうでかわいいのでしょう!

この年になると雪の降る中、雪だるま作りなんて考えただけでブルブル・・・風邪をひいてしまいそう(笑)
こういう日は美味しいお紅茶を入れて、
昨日パティシエの壁谷玲子さんから一足早いヴァレンタインチョコのプレゼントを
頂きましたので、それを美味しく食べながら読書と練習が最高です♡

でもこんなにかわいらしいので食べてしまうのがちょっともったいなかった感じでした。

皆さんはどんな一日を過ごされましたか?
ぬくぬくとした一日でありましたように!

外出続きの毎日・・・② Luncheon @ German Embassy

Yesterday, I was invited to the luncheon at the German Embassy in Tokyo.
Had been looking forward to seeing Sofia and basking myself in the German atmosphere, but
it turned out that I spent more time speaking English than German, talking more with the
Spanish speaking group of people than with the Germans.
And this turned out to be a very lively and fun afternoon !!

I had also somehow expected either a Japanese or/and German style lunch, but it
was mainly South American food !!
I love trying out new dishes and this was the perfect occasion for it !
The German and the Japanese ladies were very reserved at first, not daring to
go straight to the buffet, but I tagged along with the Spanish speaking ladies and
went straight for the good food :)
Here are some of what we had-- all very delicious !!

At Sofias luncheonAt Sofias with Sofia, Ida, Grace

I met this really nice Indonesian lady and told her about my wonderful Indonesian students. And it so happened that she knew them !! When one of my students came in for her lesson this morning, I told her about it and said, "Thank God, I said really nice things about you !" and we both laughed. So small is the world !!

My friend Sofia was the perfect hostess, juggling between all the guests making us all feel relaxed and happy. She even made some of the dishes herself !!
Not easy to be the wife of a vice-Ambassador!

When most of the guests had gone, the Spanish speaking group of ladies were the ones left and we had such lively conversations !!
Usually, you feel a bit left out when you don't speak the language, but somehow that didn't really bug me much, except for the fact that I did regret not having taken up Spanish before. Well, having been around them yesterday had really made me want to speak the language so I shall start learning it this year !!
You never know where you get your motivation from
luncheon group pic


昨日はドイツ大使館での新年会ランチにお呼ばれして行ってきました。
最近はドイツに関わりがまた出来て嬉しいな、とルンルンで行き、沢山ドイツ語を話すつもりで
行ったのが、結果からいいますと
殆ど英語がメインでしかも帰りには「スペイン語を学ぼう!!」とその数時間前までは
考え付かないことを胸にしながら帰路に向かったのでした^^)

もちろんドイツ人も沢山いて、初めのほうこそドイツ語で会話をしていたのですが、
ドイツ副大使夫人から以前紹介されたIdaという友達との再会を通して
自然とスペイン語圏の方達との会話に話が弾み・・・というわけです。

普通は自分の分からない言語で周りが会話していると
ちょっと場に居づらい気分になったりもするのですが、不思議と
スペイン語の響きがとても耳に心地よく、たまに分かる単語もあるためか
「やっぱり話せるようにしたい!」と想いながら
英語での会話を楽しみました。

ーーということで思いがけないきっかけから今年はスペイン語元年と致します♪

来年の今頃はさて、どうなっていることでしょう?!






sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
5月21日(日) 「ミューズの玉手箱」Vol.1           ゲスト:高野正人先生(精神科専門医)  会場:横浜イギリス館(みなとのみえる丘公園内)  時間:19:00開演(18:30開場)  チケット:3500円 (紅茶サービス付き)*要予約  お問い合わせ・申し込み:voixmuse@gmail.com  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle