大きなサンタさん、小さなサンタさん


皆さま、クリスマスは如何お過ごしになられましたか?
恋人とあま~~い一時を?
それともご家族や友人達とワイワイと賑やかに?

私は暗譜しなければいけない曲が溜まりに溜まり、必死で練習クリスマスでした。(笑)
これがヨーロッパでだったらきっと悲壮感があるのでしょうけれども
日本にいるとぜ~~ンぜん苦にならないのが不思議!
ーーというか曲が弾けない、という悲壮感の方が強かったりでして。。。(・_・;)

そんな様子を神様はちゃんとご覧くださっていたようで、
朝の郵便に島根にお住いの住田智子先生から来年の私の一年を応援して、という温かい
クリスマスカード付きで音楽カレンダーのプレゼントが届きました
来年はどんな素敵な用事が描けるかなぁ…
先生のお気持ちに感謝です
                  Xmas gifts


そしてお昼過ぎにピンポ~~ン!!
先日アウトリーチをした港北小学校の4年生の生徒さん二人が杉山先生に付き添われて
感想文を届けに来てくれました。
しかもちゃんとクリスマスのこの季節に合わせてポインセチアの花びら仕様なんですよ!!
まだ全部は読んでないのですが、ちょっと読んだ中でも
「ピアノに興味なかったけど弾いてみたくなった」とか
「音楽を聴いてイメージするようにこれからはしてみようと思いました」など
とても励みになる内容もありました。
私は種を撒いて将来クラシック好きな子供達が一人でも増えるといいな、と
思ってのアウトリーチ活動ですが、
こうしてフィードバックをもらえること、そしてそれを先生方が応援して下さることに
大きな勇気を頂きます。

そうそう、
夏にドイツの親友が結婚式に来るように、と言ってきたのですが、時期的に主人とベトナムでの時間もあるし、
その直後にはコンサートがあるからどうしよう・・・なんて言っていたら
             Beste Freundin Kugel
 
"Beste Freundin" - Best Friend,というsnow globeを送りつけられてしまいました(笑)
もうこれで行かないわけにはいきませんね

さてさて、明日はPIA Japanの検定試験の審査です。
今回は審査員も数名演奏するようにとのお達しがあり、今からまたさらいます。

どうぞ暖かくしてお過ごしくださいね☆

スポンサーサイト

お家ごはん☆


先日仲良しのかおちゃん&美穂ちゃん(セラピストの!このブログではお馴染みですね♪リンク見てくださいね♪)のお宅で
お家ご飯にユウコちゃんとお呼ばれして行ってきました。

つい先だって和食が世界無形文化遺産に認定されたからということで
お料理上手なかおちゃんが和食の世界を再現しましょう、と♪

わ~い!と喜んだのもつかの間。
はて、私は何を作ればよいのかしらん

恥ずかしいので私が作ったものは伏せますが(情けない!)、まぁよくもこれだけ作れたものだわ!と
感激するやら、圧倒されるやら、かおちゃんの力作がテーブル狭しと並びます。
              かおちゃんのお料理

この後、まだ続々とお料理の数々が続くのですが、写真を撮り忘れてしまい残念!!

日本に来た当初は和食よりも絶対に洋食派だったのが不思議ですね。
ここに長く暮らすうちに和の食材の種類の豊富さ、味の複雑さに今ではすっかり魅了されています。

永遠に尽きないお料理を前におしゃべりも弾む、弾む
結局9時間も食べっぱなし、しゃべりっぱなし・・・

そして今日は我が家に中学時代の親友のタケが遊びに来てくれたのですが
かおちゃんのような真似は残念ながら出来ないので私のペースでスパゲッティーランチでの
おもてなし。

普段はレストランで会うことが多いのだけどこうして
お家ご飯というのはゆったりとした気分で親密な会話が自然に出来てしまうものですね
今日は特にさむ~~い1日だったのでバタバタ動き回るよりも
お家でぬくぬくしながら温かい会話が出来てよかった!

なんだかこれからはこうしたスタイルがいいなぁ、なんてしみじみと感じ入ってしまいました。

来年は私も美味しい和食でおもてなしが出来るようになるといいな!

師走の慌ただしいこの時期だからこそゆったりとした気分で大切な友人と語り合うって
大切な事なのかもしれませんね。
皆さまも如何ですか?

港北小学校でのアウトリーチコンサート

毎年恒例になって7年目となる横浜市立港北小学校でのアウトリーチコンサートで演奏してきました。
今年のテーマは「シューマンの音楽と文学とのかかわり」と小学生には
少し難しいかな、というテーマでしたが、どこまで食いついてくれるかという事をも
見てみたい、という好奇心が勝ってのこのテーマ

意外にも昨年のドビュッシーに続き、4年生が一番反応が良かった感じがしました。
6年生になると自分を自由に表現することに少しためらいが出てくる年齢なのかしら?

文学から受けた印象を音楽の中でどのように表現したか、ということを
幻想小曲集の「夜に」から取り上げてみました。
                  港北小2013年
今迄の先生方もそうでしたが、今回新しく赴任していらした校長先生もお忙しい中、
聞きにいらして下さりました。

その後、お世話になっている音楽の山田美鈴先生からメールを頂き、
子供達の書いてくれた感想文の中からいくつか印象的なものを教えて頂きました。
その中の一人は「自分も文学から受けたものを何かの形で活かしたいと思いました」という感想もありました。どんな形にするのか興味あるなぁ・・・
私があるAを意図して子供たちに投げかけたことに対して
皆、それぞれBとかCといった考えを持ち込んでくれているんだなぁ、と
とても嬉しく思いました。

               港北小子供達

こうして子供達にちょっとの時間の中、クラシック音楽について聞いて考える時間を与えてくださり、
毎回気持ち良くサポートして下さる先生、そして学校には大変感謝しています。
校長先生、美鈴先生、お世話になりました!

来年のテーマは「クラシックの中のジャズ」。
私自身、勉強してみたいと思っていたテーマですので一年間の中でどんな勉強ができるかしら。
何か新しい事もできないかなぁ・・・
ちょっぴり未開の地に踏み出すような気分です

今日は教会でのクリスマスコンサートの伴奏に行ってきま~す

Busy December !


The year started out quite slowly, but since April the tempo kept on picking up and somehow 5 days have already passed since we entered December- how is it possible ?!

Always one of the most busiest month of all with lots of merriment and fun!
But I'm making sure I do take a conscious moment to confront quietly and seriously with my music and studies each day.

3 days ago, there was a gathering of mainly business people. It's exciting to meet peopel that I don't usually get to meet and hear what is important to them or how they see certain things happenning in the world. We talk about those things eating oyster Nabe.

Then, last night Jennifer, Brendan and I went out to a Turkish restaurant in Yokohama.
Had a quick drink of rose sparking before we headed off there.
Alkohol on an empty stomach and I was feeling rather tipsy by the time we got there ;-)
The food was excellent !!
And the company even better and we had a great evening.
Ah, Jen and Brendan are well read people and they have this "writing club", where some friends get together once a month and share their writings.
Sounds like my kind of gathering...who knows, I may join them in ?!

                 トルコレストラン外観
            Vorspeise.jpg
                  kebab.jpg
Figue デザート
               トルコレストラン内装


この前12月に突入したばかりと思ったのにすでに5日目です。
12月はイベントが目白押しで忙しい月ですが、毎日意識してしっかりと心を落ち着けて勉強しなくては、と
思っています。そう、ただでさえ、今抱えている曲が多いので練習に余念がないのですが、
そうでなくても先日のベトナム公演以来、今後の勉強スタイルを変えることを心に誓ったばかりなので
しっかりと・・・!!

といいながら、さきおとといは元某銀行マンだったF氏が主宰する「愉快の会」に出席し、美味しいカキ鍋を囲みながら、日頃私が中々接する機会の少ないビジネスマン方のお話を聞かせて頂き、色々な価値観を知る、という貴重な会に参加してまいりました。

そして昨日は友人JenniferとBrendanと横浜の反町にあるトルコレストランに行って舌鼓を打ってきました♪
彼らは芸術や読書などという共通点があるので自然話は盛り上がります。
彼らは他の友人たちと”writing club" をやっていて皆それぞれに詩や短編小説、あるいは
長編小説にチャレンジしたりして、月1で集まり、交換会しているんですって!
なんだかワクワクする話ですね☆
私も誘われたんだけど月1のペースで何か書くとなるとちょっと難しそうなので
まずはオブザーバーとして見学させてもらおうかしら、ということになりました♪
それにしても皆が集まりcreativeなことをするって素敵な事ですね☆
来年に向けてまた大きな楽しみが一つ増えたかのようです。

皆さまもこのお忙しい時期、お身体に気を付けてお過ごしくださいね

室内楽


昨日は今年で3度目になるMotokoのサロンコンサートで所素子さんとまたまたご一緒させていただきました。

一年で3回もシリーズで演奏するということはそれだけ短期間にプログラムを仕上げなくてはいけないから
大変といえば大変だけど、それ以上にあまりヴァイオリン曲のレパートリーを持っていない私には
沢山の未知との曲と出会える天からの贈り物です。

特に今回は前回のブログでも書きましたように
大好きなバッハとシューマンのどっしりとした曲が入ったことが
大きな喜びで、それが演奏にも表れていたのか、聞きに来てくれた仲良しの
美穂ちゃんに休憩時間にすぐに指摘され、嬉しくて思わずにんまり。

その彼女が「シューマンって梅毒だったんでしょ、私、そういう人嫌い!」と少女のような
発言したのには思わず笑いそうになってしまいましたが、
シューマニアーアを自認するワタクシとしては彼を弁護しなくてはなりません!

「シューマンは色々と内面複雑なものを沢山抱え持っていた人だけど彼のそういう脆さや狂気といったものを音楽では魅力に転換してしまったのよ!」と説明しましたら、さすが
セラピストの彼女には納得しやすいアプローチだったらしく、ちょっと見方を変えてくれたかのようです。。。I hope...

このシリーズではホールのキャパを考え、素子さんのお客様を優先されたいだろうと思うので
私のお知り合いにはお声掛けはしていないのですが、
演奏する前にやたら目が合うご婦人の方が古くからの家族ぐるみのお付き合いさせていただいている
方にそっくりで、不思議だなぁ・・・なんていぶかっていましたら、
休憩時間に今度はそのご婦人の横にこれまたよく知っているおじちゃまにそっくりだわ!
ーーなんと”その”おじちゃま、おばちゃまでした!!
以前いらして下さるとご連絡いただいていたのを失念しておりまして、
驚く私に逆に驚かれてしまいました。なんとも間抜けなワタクシです・・・

そのおじちゃまからお写真を頂きました♪
有難うございました♡         Motokoのサロンコンサート
                Motokoのサロントーク
                   昔からのお友達

コンサート後の打ち上げはなごみ亭を主宰されていらっしゃる斎藤様のお心遣いで
チーズフォンデュをご馳走になり、気分は絶好調でした!



sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
6月24日(土)”ミュージック&ワイン”シリーズコンサート   会場:南麻布セントレホール 時間:15:00開演(14:30開場) 入場料: (ワイン・ドリンク付き)      一般当日:4000円、前売り:3500円、SMSサポート会員 2800円 主催:SMS チケット予約:南麻布セントレホール 03-5791-3070 アクセス:「広尾」駅1番出口より徒歩7分  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle