朝日カルチャーセンターでの講義で思ったこと


7月は朝日カルチャーセンターでの「夢見るシューマン」の講義のための勉強&練習で
あっという間に密の濃い一か月が過ぎようとしています。

今までも演奏会でのトークというのはありましたが、あくまでも演奏主体で作品を少しでも
分かりやすく、楽しく聞いていただくためのワンポイント曲目解説であったり、
作曲家のちょっとしたエピソードを披露したり・・・というもの。

今日はその逆パターンの「講義がメインで演奏はあくまでもその補足スタイル」でしたので
まずは講義内容をどのように持っていこうか、
何を中心に話そうかなど考えるだけで何日も無駄に過ぎて行き、それから資料探しをし、
内容を練ったり、削ったりの繰り返しの日々でした。
そうなると殆どの時間がデスクワークに費やされるので
肝心のピアノの練習時間確保をするのが難しくなり、内面本当に大変でした!

でも今回本当に勉強になりました!
知っていることをいかに上手に伝えるか、というのがどんなに難しい事か!!
試行錯誤であれこれ話し方をも考えましたが、
やっぱり反省点が多くって・・・
講義の合間合間に演奏を入れましたが、この時間は本当に楽に感じられたほどでした!(笑)

でも朝早くから弟にもアシスタントとしてサポートしてもらい、
(thank you, Yuichi !!) 友人たちは大きく頷きながら一生懸命に聞いてくれ、
なんとか無事に終えることが出来ました
いらして下さった皆様、有難うございました!!                      朝日カルチャーのレクチャー

終演後、色々な方からお声をかけて頂き、
そのうちのお一人からはこのようなご著書をプレゼントしていただきました。

             シューマンについての本
熊谷雄三様の「音楽の子ども」というご本で、本の帯には「音楽と詩の核にある”子ども”への問い」とあります。そして音楽の中に子供を発見した人、シューマンという一章もあり、なんだか
まさに今日お伝えしたかったことではないですか!
ゆっくり拝読させていただくのが楽しみです・・・・♪

このような素敵な出会いがあるとものすごく広がり感を感じてワクワクします

もっともっと勉強してこのような形での”演奏”もまた機会があったらやっていきたいですし、
まだまだ音楽の可能性ってある!って確信したワタクシでした
スポンサーサイト

Someone found me here !


My friend found me today ! 友達が見つけて送ってくれました♪

朝日カルチャーのポスター


Next Tuesday it is !
I have been so nervous preparing for this lecture, but now I'm starting
to be really excited !
Few more days to go, and now that I see the light at the end of the tunnel,
I've started practicing for my other concert programmes as well

ここ一か月籠っての調べものは大変でしたが、
ようやくここに来て、来週が楽しみになってきました(笑)
ですので、ようやく秋以降の新しいプログラムの練習もできる余裕(?)が出来て
ちょっとホッとした気分です。
9月からは沢山の違うプログラムを演奏する予定ですので
この勢いで年末までひたすら練習の日々が続きそう。
でも、目的を持ってピアノが弾けることが何よりの幸せです

ドイツ旅行の続き・・・


このところ、私のブログは現在と過去とがかなり入り乱れています!
ドイツ旅行日記をアップしてしまおう、と思いながらも
この1か月、しつこく言うようですが、かなりお勉強に手間取り、
それどころじゃないところに新しい出来事も加わるし・・・というわけです。
でもここら辺で総集編にしないとまだベトナムが控えてる!!

全ての友達との写真を出すのも難しいですのでここからはピックアップ的にいきましょう!

親友JEANとある週末の様子です。
どんなに久しぶりにあっても会ったその瞬間からすぐに普通の会話を始められるのが
嬉しい所です。ですから、彼女とも、他の友人達同様、特別に何かするのではなく、
日常の当たり前の生活を一緒に過ごす、という居心地の良さがあります。

ある日曜日の出来事です:

まずは数時間、全く珍しいことに太陽が出たので近くのカフェでブランチから一日をスタート!
           lunch with Jean

あまりの久しぶりの日光に目が慣れなくて・・・
彼女の前に大きなピザのようなのが私のランチです♪ 美味しかった・・・

             No ice cream in this weather
すぐこの後に曇ってきて、しかもとっても寒くなってしまいました。
5月はずっとこんなお天気だったからアイスクリームも売れずに、なんだか寂しそうね。

ーというわけで寒くて外出したくない日は新しく買った洋服ダンスの組み立てを3人でしましょう!
アメリカ人のpragmatism、ドイツ人の計画性、そして日本人の”改善”(ドイツでもこの言葉は有名よ)を
合せると最強チームの出来上がり!
                Pax Trio

また別の日は友人と一緒にCDプロデューサーの元へ訪ね、一緒に朝食をしました。
ちょっと写真が暗くて見づらいですね。
             Dirk and Rene

それである時は一日友人宅で音楽談義で盛り上がり・・・
     Bettina.jpg
lecker Kuchen
Louisa and Carlotta
                        Lothar contemplating

話は盛り上がり、ハートは熱いのに気温は寒く、暖炉に火をくべながら過ごしたのよ!
               Yes, it IS May!

さて、続きはまた数日後に!
            

つくば市北条・竜巻被害支援チャリティーコンサートのご案内


昨年に引き続き、つくば市北条の竜巻被害支援コンサートに出演させていただきます。

音楽でのお手伝いが出来るというのは音楽家としてとても嬉しい事です。

国連支援交流協会の北関東支部の方々はどんな活動であれ、継続的な活動をされていて
本当に頭が下がります。

前回もステージを大きく盛り上げたマカロンズさんとご一緒させていただくのも楽しみです☆

私も今回は彼らを見習って、普段のプログラムでは入れないような曲も
演奏しようと思いますので、いつもとちょっと違った私に会いに是非いらして下さいね
          第2回竜巻支援コンサートチラシ

あ、ちなみにチラシにあるURLの訂正です:www.mariterada.com が正しいです!

ISD reunion @ Tokyo

ISD friends don't need a reason for a get together, but last night, we all met up because Miki was back from Frankfurt on a short visit.
I had initially decided to join the group for 2 hrs- just enough time to sneak out for dinner and catch up with Miki and the rest for a quick chat before going back to work, but it had been such a relaxing, fun time that I gave up on work altogether and allowed myself to fully enjoy the evening with them !

美貴がドイツから一時帰国しているというのを理由にまたまたISDの集まりでした。
他愛もない話題に盛り上がり、大声出してはしゃぐというのもたまには(?)良いものですね☆
美貴とは次はドイツで再会できるかな?!

写真は恵理ちゃん、京子、裕一提供です♪

        ISD reunion girls

miki 次会 裕一たちと
Hiroe, Aya-chan, Eri-chan
Miki, Takuji, Yuichi and I



Boris Belkin & George Pludermacher Violin duo concert


Since last year,my brother's been telling me he wants to go to a really good violin concert and he's finally had it last evening with Boris Belkin & George Pludermacher @ Kioi Hall. A beautiful hall with superb acoustic, but probably due to the early starting time, many people just couldn't make it, which was a shame. For myself, it was rather a refreshing experience to be able to go back home not so late, where I could still enjoy the rest of the evening pondering about the wonderful music I had just heard.

Belkin concert

I wonder if Belkin and Pludermacher's been making music together since a long time or if Pludermacher is simply a remarkable chamber musician..
There were so many moments where I was struck with his fine, delicate nuances in his accompaniment. And their Beethoven's 8th sonate was probably the most thrilling interpretation I've ever heard. Later, I found out that Pludermacher is a Beethoven specialist - yes, I could see that !

It has been a big treat from my friend K-san - thank you for this wonderful concert !

Has been good to get away for a few hours and get new inspiration !

昨日は友人K氏のお蔭で弟とBoris BelkinとGeorge Pludermacherのコンサートを聴きに行ってきました。
ああいう室内楽パートナーを持って一緒にコンサートをやったらどんなに幸せだろう、と思うほど
二人の方向性が見事に一致していて、ベルキンのほとばしる情熱にも心が引き寄せらましたが、
Pludermacherのその見事な伴奏ぶり・・・いや、「伴奏」なんて言葉はふさわしくないですね。
彼の演奏がヴァイオリンを更にひきたてていた素晴らしいピアノには
心底感動しました。
”あぁ、室内楽ってここまで密に考えないといけないんだ”と我が身を振り返りつつ
一緒に演奏する人をきちんと選ぶ大切さをも思いました。

今では手軽にCDを聴いて勉強することが多いですが、5月にコンサートに通い、やはり生の演奏を
聴くことから得られる感動はとても大切だし、CDからは伝わらない臨場感をも味わえて、考えも深まるというものですね。

一緒に行った弟も昨年から”良いヴァイオリンコンサートが聴きたい!”と言っていただけに昨日はとても楽しかったようでした♪ 
K-さん、素敵なプレゼントを有難うございました
                           Boris Belkin @ Kioi

Longing for a good concert !


I've been cooped up at home reading materiels for the lecture and practicing the piano.
Not that I mind it very much, but I do look forward to the violine recital on the weekend. Yes, I need live music now !!

In Germany, I went to 2 piano concerts, 1 opera and 1 symphony concert.
In Vietnam, to a jazz concert.

Back when I still lived in Germany, Lothar and I often went to concerts together and it was so nice to be able to do that again with him this time. He's got so much musical knowledge that I still learn lots from him.

The day before I left, I was lucky to hear Ursul and Bernard play in Wtal. It was wonderful to spend 2 days with them at their place, but hearing them perform at a concert is special. Ursul introduced me to Maestro Kamioka afterwards. Wonderful performance, bravo !

そろそろ生の音楽が恋しくなってきました。
ドイツとベトナムで合せて5回演奏会に足を運びました。
どれも素晴らしかったけどVolodosの演奏に圧倒されました。
「静」の世界を見事に描き出して、なんて成熟した演奏なんだろう、と私の目指すべきものが
また一つ見つかったかのような興奮を覚えました。

オペラはタイミングよく「リゴレット」が見れました。
タイミング良く、というのは私も今年のプログラムにはリストの「リゴレットパラフレーズ」を
入れているから☆

UrsulとBernardがヴッパータル響で演奏しているのを聴きに行きました
指揮はマエストロ上岡。上岡先生の指揮は数年前、彼らが日本公演で来日した時、初めて聞いたので今回で2回目。メッセージがとても分かりやすい指揮で[指揮の素人の私にも)、バルコニーからよ~く見れたのでとても面白かったし、友人たちが一生懸命演奏している姿をも真上から応援できたのも嬉しかった!!

concert with Lothar
Bravo, Wtal sympholiker
Wtal symphonie Orch 150 years Wtal Symphony Orch. celebrates their 150th anniversary - presents from Ursul
with Mestro Kamioka
With Ursel Bernard
Chocolate heart from Bernard !

Germans, Forest, Romanticism....


----these thoughts have been my constant companion lately.
Or shall I say, I LIVE with these thoughts ?
I'll be giving a lecture concert at the end of the month on Schumann.
The given theme is Schumann's dream-like quality in his music.
That in itself is not the problem, rather the length of the lecture being nearly 2 hrs. is what is terrifying. A new challenge !!

7月30日(火)「夢見るシューマン」のご案内です♪


このところ、連日、怒涛のようにブログをアップしているワタクシです。
とにかく書きたいことがありすぎて思い出を手繰り寄せながら、書くというのが
殆どセラピー的(いったい、何の?笑)になっているのですが、
時間をちょっと現代に引き戻しまして、
今日は7月30日に横浜の朝日カルチャーセンターでレクチャーコンサートの
ご案内です♪

                 夢見るシューマン チラシ

かなり大きくなってしまいました・・・^^;)

FBでもご案内させていただいた所、嬉しいお声を沢山頂きました♡
ギリギリまでお申込み受付しているそうですので、
朝からたっぷりと皆様にシューマンの魅力をお伝えできるように、と
張り切って準備しております。

当初の予定ではなかったのですが、ドイツの自然に触発されて「森の情景」から抜粋を、
そして歌手の友人に触発されて「献呈」をも演奏することに致しました。
ちなみに「幻想曲」は1楽章のみですのでご了承くださいませ☆

One sunny day...


During my 3 week stay in Germany, we had 4 sunny days ( yes, I kept track of it !),
and on one of those rare precious sunny days, my aunt, Helga and I went for a stroll in the park in Ddorf. I love to take a walk in Germany. It freshens my mind and I feel exhilarated. Though I don't do it much in Japan - somehow it's not the same here. I also had another stroll along the Rhine 3 days before I left. That too, had been beautiful...

ドイツにいるといつも長いお散歩がしたくなります。
普段はそんなに「自然」を意識して生活していないのに、ドイツの自然の中にいるととても呼吸が楽になるのです。長い散歩をすると頭も心もすっきりして、考え事をまとめたり、疲れが癒されたり。

この日は珍しいお天気の日だったので先生とHelgaさんと3人で公園に出かけました。
途中軽食を取り、のんびりと日光を浴びながら・・

                     Sunny day in the park with 先生
                         先生&Helga
先生とご一緒に

David Graham's new music publication

The English composer, David Graham's "St. Kilda for piano" has now been
published !!
イギリスの作曲家、David Graham氏のピアノ小品集、”ST. Kilda for piano "が
発売されました! 私は2007年に彼の作品をデュッセルドルフで演奏し、今回は
その中の一曲、”It goes on down"という曲を献呈して頂きました。
とても光栄です
近い将来、また彼の作品を演奏する機会がありますように・・・
皆さんにも是非ご披露させていただきたいです

I had the honor to play the piano solo part in 2007 "St. Kilda" performance in Duesseldorf, Germany. Would love to play the piece again in the near future.
Thank you for the dedication, David !

St. Kilda Noten
ISMN M-50156-020-2 | 32 Seiten | EUR 17,80

It goes down

Music on a rainy day...


It had been really exceptionally cold in Germany during my stay, but
looking out of the window, listening to Debussy's Preludes soothed my
soul. Time to meditate, time to dream...

Hilden innenhof

雨降りの日は何故だか心が落ち着きます。
ドイツではずっとお天気悪い日が続きましたが、さめざめ降る雨を見上げながら
ドビュッシーのプレリュードがなんとも美しく心に響きました・・・
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
6月24日(土)”ミュージック&ワイン”シリーズコンサート   会場:南麻布セントレホール 時間:15:00開演(14:30開場) 入場料: (ワイン・ドリンク付き)      一般当日:4000円、前売り:3500円、SMSサポート会員 2800円 主催:SMS チケット予約:南麻布セントレホール 03-5791-3070 アクセス:「広尾」駅1番出口より徒歩7分  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle