Hauskonzert @ Hilden

Eling just sent me some pics from the salon concert @ Hilden.
You may wonder why Eling had the photos.
Well, she happened to be traveling in Europe, so she and Pat were able to come to
the concert- yeah!
It was really special having them among the guests - thanks for your support and the pics, Eling
Elingから写真が送られてきたのでシェアしますね♪
ん?何故、イーリンがいるのかって思うでしょ?
彼女とPatが丁度タイミングよくヨーロッパ旅行中だったのでコンサートにも来てくれたのでした!
沢山の写真を有難う☆
concert is about to begin
My "aunt" Haruko announces the beginning of the concert...
治子先生がコンサート開始のご挨拶で始まります。

                 concert.jpg
      catering 1
                             catering 2
 after the concert, with 先生
Elingと乾杯!
Singing happy birthday for Simon
This was Simon's birthday - singing "Happy Birthday" ♪ And Jan-Philipp with the camera, of course
Many happy returns, Simon
ジーモンの誕生日でもあったので皆でハッピーバースデーを歌ってお祝いしました☆           ジーモンと
Speaking of Simon, he helped us out a lot with the preparation. Vielen Dank, Simon! - I need to find the picture of him combing the frindge of the carpet - no joke! That's Germans for you there !
森川さんとコンサート後
And this is Mr. Morika, my first piano tuner in Germany. It meant a lot for me to play by his beautifully tuned piano on this day.. 私のドイツでの初めての調律師の森川さんがこの日のために素晴らしい音色に調律してくださいました。自分の思う音色やタッチにして下さる調律師さんと出会えることはピアニストにとって本当に有難いパートナーです。この日は感動で涙腺が緩んでしまいました
Eling and Pat came to the concert !
after the concert, we talked till late into the night...
And after the concert, we talked late into the night...
Had a lovely, lovely day...
そしてコンサート後も夜更けまで楽しく会話が続いたのでした。。。
素晴らしい一日をプレゼントしてくださった治子先生に感謝、感謝!!

スポンサーサイト

まずはHildenという街から始まりです


Up untill now, going back to Germany meant staying in Ddorf and occasional visit to Wtal.
This time, however, I've stretched my radius of action to Hilden and even to Gelsenkirchen.
Since I had lived in Ddorf as a young girl with my parents, I have some so-called, "Aunts" and one "Uncle" there.
One of my "Aunts" had recently moved to a beautiful house and she suggested that in addition to a house-warming party, I should give a concert there. That gave me the
chance to stay in Germany a week longer
My aunt now shares her big, beautiful house with a German lady, Helga, who turned out to be a divine cook. And she pampered me with her culinary talent every single day while I was staying with them in Hilden !!! By my request, the first day back in Germany started with white asparagus. This is something seasonal and I had been craving for it for years! All in all, I think I must have had this dish at least 5 times in Germany (all my friends knowing me had treated me with this dish )

first Spargel in 6 years !Seezunge.jpg先生 sets the table
Hilden Mahlzeit

I ate so well in Germany that I think I gained at least 3 kg, but no matter !
I was still so happy having my daily European meal

今回のドイツの旅の始まりはHildenという街からでした。
長年お世話になっているヴァイオリンの高田治子先生がドイツ人のHelgaさんと大きな素敵な
お家に引っ越したのを機に、ハウスコンサートをして下さるとのことで、コンサート数日前にドイツ入りしました。 先生からはいつも音楽の事でお心を砕いていただき、過去にも素晴らしいチャンスを与えて頂いたり、大切な恩人です。

ここ数年、ドイツに戻る時はクリスマス時期ばかりだったのですが、今回は何年振りかに春・・しかも大好きなホワイト・アスパラガスのシーズンとあり、初日のリクエストはアスパラをお願いしました。
ドイツでは5月ではどこでも旬のアスパラとイチゴを1か月間、せっせと頂くのです。
ですから、私も3週間の滞在期間中、どの友人宅に行っても皆、アスパラで歓待してくれました

Helgaさんとは初めてお会いしましたが、ものすごくお料理上手で毎日、ラム、舌平目、特別なお豆のスープ等々を作ってくださり、私もあまりの美味しさに予定以上に長く滞在してしまったほど!!(笑)

元々洋風料理が大好きな私が毎日ドイツ人と同等の量の食事を頂いていたので
あっという間に3キロぐらいは太ってしまいましたが、そんなことお構いなしにせっせと
お腹と心を満たした毎日でした

And back to Japan now...

It's been 6 weeks since my last entry here.
I remember how excited I was when I wrote my last blog - just a few hours before I left for Germany - and indeed, I had an amazing time in Germany and in Vietnam!

So many wonderfully moving moments that I don't quite know where to begin.
But what made my trip so special were all my friends, who, in spite of having been physically so far apart for so many years, still gave me the unwavering love and friendship.
When I arrived at the Duesseldorf airport, Jean and Isa came to meet me. Can't start my Ddorf days without having seen them, can I ? Jean handed me a huge red bag. Inside it were winter clothes - yes, WINTER clothing in May! Sweaters,socks, slippers, shawls etc. etc -- and sadly to say, without them, I would have frozen to death! More on that later. It's always difficult to see all of the friends I want to see. Sometimes our schedules don't work, othertimes, I just simply run out of time and cannot contact them. But they're all in my heart and I try to see them when I return the next time. This time, I also met some wonderful new friends, which enriched my stay even more than ever. Tonight, I'm a bit too tired to continue...so I shall sign off here saying "Thank you" to all my friends...

6週間の長期旅行の後、今日また日本に戻りました。
あまりにも多くの密な時間を過ごし、友達との時間、沢山一緒に笑い、そして時には涙しながら、
いつでも素の自分に戻れる場所が今でもドイツにあることに感謝。
また、今回はドイツでもベトナムでも素敵な出会いが沢山ありました。
良い友人達に支えられて自分は頑張れてきているのだなぁと思いを新たにし、
思索の時間をも与えられました。
そしてドイツではコンサートやオペラにもせっせと通い、良い音楽を胸一杯吸ってきました!!

なんと充実した贅沢な時間だったことでしょう!!
エネルギータンクを満たしてきましたのでこれからは少しおさぼりしていた練習を
猛練習で持って補いながらまた音楽と向き合います☆

「ただいま」、日本!
よし、明日から頑張るぞ!!




sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
10月12日(木)南麻布ランチタイムコンサート   会場:南麻布セントレホール 時間:12:30開演(12時開場) 入場料: 2000円       主催:SMS チケット予約:南麻布セントレホール 03-5791-3070 アクセス:「広尾」駅1番出口より徒歩7分  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle