夜桜パーティー@オーストラリア大使館


皆さん、もうお花見はされましたか?
今年は予想外に早い桜の開花宣言であちこちで準備におおわらわだと
テレビでやっていましたね。

家にも桜の木が2本あるのですが、
山桜のためか、他の桜が咲き終わったころに開花します。
だから倍の期間楽しめるのです

昨日の晩はオーストラリア大使館でのお花見パーティーにお邪魔してきました。

昨年は昼間だったけど今回は夜桜見物ということで
何本もある桜の木がが夜空の中、素敵にライトアップされていました。
昨日はかなり風があったので
そんな中、桜吹雪となり、地面はピンクの絨毯、そして桜の舞のなんとも
幻想的なこと!
           夜桜


昨日はアルコールを一滴も頂いてないのに
雰囲気にすっかり酔ってしまい、ほら、この通り!

           夜桜の中を舞う二人

こちらの大使館ではいつも美味しいお食事と素敵なゲストメンバーと出会えて、
幸せ一杯な気分になります♡
           女子だけ酔っぱらってるって??

いっち&カズ君、写真ありがとう~

スポンサーサイト

スイッチオン!

ここ最近ものすごく良い練習、出来てます。
ーーって”当たり前の事じゃないの”と言われそうですが、
他の真面目なピアニストの方と違って、私の場合、スイッチのオンと
緩いオンとの差が激しいのです
あ、もちろん練習自体は毎日していますよ(これこそ当たり前!)
でもなんだか集中しようとしながらも
心の支点が定まらない時もあったりするのですよ。

でも来週からいよいよヴァイオリンとのリハーサルが始まるので
そうなると一気にスイッチが
昨日までの私はどうしてたの、っていうくらい
時間さえ許せば一日中でもピアノにへばりつき、やる課題も次から次へと
見つかり、あぁ、なんて気持ちがいいのでしょう

どうも追い込まれないと本気モードになれないのが大きな欠点です
だから今年は自分に厳しく色々と課題を課しました。
自己管理をしっかりしていきます

もう一つの自己管理は健康管理!
セラピストの美穂ちゃんから食の大切さを教えられて
最近はお手製の免疫力を付ける「にんにくおかか」や
「手作りヨーグルト」を頂いたので
私も本を買ってきて最近では色々と研究しています。

今朝はこの前渋谷のヒカリエで飲んだ「カリフラワージュース」が美味しくて
身体に良さそうなので真似て作ってみました☆
うんと疲れたときに良いんですって♪
作り方はいたって簡単

生のカリフラワーを細かく切り、バナナは2本やはり小さめにカット。
これをジューサーの中にいれて、豆乳、ヨーグルト&蜂蜜をいれてミックスするだけ!
全然くせがなく飲めて美味しかったです
明日はこれに少しパセリを足してみようかな?

皆さんも是非お試しあれ!

colorful day


昔からアート関係の友人が多いですが、
彼らに共通していることはとてもカラフルな人達だということです。

カラフルって色々な意味でなのですが、とにかくとても個性的。
よく音楽家も”個性的”と言われますが、私達以上なんじゃないかなぁ・・と
いつも思うのです。

先日イーリンと彼女のアート関係の友人Joei(先日のブログでも彼女のロマンチックな作品をご紹介させていただきました☆)と3人で中華街で飲茶ランチしました

motomachi-1.jpg

Eling always knows the best Chinese restaurants,なので今回も彼女のおすすめの場所で
イーリンが静かな情熱を秘めたタイプだとすると
Joeiは”芸術は爆発だぁ~~~”って感じでしょうか?(爆)
ロマンチックでふわふわした印象の作品からイーリンタイプかな、と思っていたので
ちょっと意外。
BUT ! 私も「ステージで見たらエレガントだから実際もそうかと思った」と
言われてしました。
チ~ン

こんな具合に3人でものすごくよくしゃべり、笑い、何度もお腹がよじれそうになりました。
やっぱりアーティストって楽しい
ちなみに写真でイーリンと二人で手に持っているのはJoeiからのプレゼントで彼女の素敵な作品。
”Life is always like Christmas!"と手渡されよくみると
”Merry Christmas"と素晴らしいカリグラフィーで書かれてました

心温まるお手紙 その2


前回のブログのまるで続編です。

前回の最後の方で島根のコンサートで知り合った方々との交流が、なんて
書きましたが、そのお一人に住田智子先生がいらっしゃいます。

コンサートに沢山の生徒さんを連れて来てくださり、
皆さんコンクール出場したり、活き活きとした音楽生活をしているようでした。

今朝、住田先生&生徒さん達からこんなにかわいいお手紙が届きましたよ
                住田先生&生徒さんたちからの手紙

先生と生徒さんとの素晴らしい師弟関係がこれからも見えてきますね!
ピアノのレッスンってマンツーマンなので
相性が良ければ本当に多くの事を得られるし、それは音楽的なことにとどまらず、
人間的なことも沢山学べます。
どのお手紙からも伸び伸びと楽しく真剣にピアノと向き合っている姿勢が
伝わってきて、なんて素敵なんだろう、と嬉しくなってしまいました。

20日には発表会があるようで
プログラムも内容にとてもメリハリがあり、楽しそう!

大好きなデュティーユの「コラール・ヴァリエーション」や
ヒナステラの「アルゼンチン舞曲」、グリンカの「ひばり」などなどもあります。

近かったら聴きに行けたのになぁ…
横浜から声援を送るので皆、がんばって!!
そしてお手紙ありがとう!!




心温まるお手紙・・・


先ほど見知らぬ方からの手紙が届いていました。

封筒の裏を見ると金沢の住所。
はて?
封を切ると中から昨年金沢で公演終演後、ある男の子と一緒に撮った写真と彼のお母さまからのお手紙。

それによると2年生のN君は沢山のコンクールに挑戦して金賞を取ったことや
現在ドビュッシーを私のCDを聴きながら勉強していることなどが
書かれていて、とっても嬉しいお手紙でした。

お手紙にしようかとも考えたのですが、
なにしろ人様にお見せできるような字ではないので
残念ながらメールで返信させていただきました。

すると早速返信が!
短い文章の中にとても励みになるお言葉を頂き、
良い演奏家になりたい!って改めて強く思わされるものでした。

私達芸術家って「これが正しい」という”絶対”というものがない中、
常に迷い、自問しながら自分の道を探していくしかないので
このように演奏を聴いてくださったからの感想というのはとても参考になるし、
また大きな勇気を頂けるのです。

先日の島根の聴衆の方からも何人か嬉しいメッセージを頂き、
丁度色々なことを考えていたところでしたので
心に染み入りました。

最近、いくつか演奏会が決まり、プログラムをどうすべきか、またまた生みの苦しみの季節です(笑)
これが生まれてくれるとすっきりと後は一心不乱に練習に集中ーーとなるのですが!
まだ見知らぬ聴衆の方に喜んでもらえるものが早く浮かびますように

今日は久しぶりの暖かい一日でした。
明日からもしばらくは春の気温が続くとのこと。
早く春も来ますように・・・

Hiroshi & Yuko's Wedding


先週土曜日はドイツのインター時代からの弟分、宏君の結婚式でした。
もう従兄妹の結婚式以外に出ることはないものだと
思っていましたのでなんだか思いっきり久しぶりの結婚式出席ということで
数日前から興奮気味。
しかも我が第3の弟の、となるとドキドキ度も高まります。

本当にintimateな集まりで両家のご家族と新郎新婦の親しい友人達のみという会でしたが、
だからこそ余計に親密で温かい会になったのかもしれませんね。

チャペルに宏君が少々緊張した面持ちで入場すると思わず
涙が出そうになってしまいました。

        let the ceremony begin !

新婦の優子さんもいつもに増して本当に素敵
お似合いのカップルですね!

いつまでも二人の幸せオーラの中にいたかったのですが、
夕方から通訳のお仕事があったので途中退席しなくてはならず、
後ろ髪を引かれる思い。

優子さんがそんな私にお食事を全部頂けるように手配してくださり、
皆さんお上品にまだメインを頂いているところ、私の目の前には
デザートやコーヒーやら次々運び込まれてきて
少々恥ずかしゅうございました
宏君、よかったね、ものすごく気の付く優しい奥様で

          30年来の友情
             (弟二人。30年来の友情!)

               デザートまでしっかりと!(笑)
                    (デザートまでしっかりと。笑)


            With the bride and the groom !
              (幸せオーラ全開です☆)

         Hiroshi優子さんwith ISD
              (with ISD members-ちなみに左が今回のカメラマン恵理ちゃん♪)

いつまでもお幸せに~~~





レ・ミゼラブル


先日セラピストの美穂ちゃん&美穂ちゃんママと一緒に「レ・ミゼラブル」を観に行ってきました。
これはご存じヴィクトル・ユゴーの名作を映画化したもので、
つい最近のアカデミー賞では主演女優賞を受賞しましたね

ミュージカル仕立てで昔自分も伴奏したり歌ったことのある数々の名曲が
懐かしくて、ストーリーの内容よりも音楽の方にどうしても気をとられがち。
3回目の鑑賞という美穂ちゃんが隣でグスグス泣いている横で
私は「あ~~私も歌が歌えたらよかったのに~~。」とか
「アメリカの俳優って芸の幅が広いなぁ。歌は必ず習っているのかしら」など
少々脱線しながらの鑑賞でしたが、
見に行って良かった!!

この本を初めて手にしたのは小学生の頃で(子供用の本でね♪)、
ジャン・バルジャンが神父様と出会い、神父さまからまっとうな人間として扱われたことによって
生じる内面の動揺、葛藤、そして彼が更生しようと誓うところが
あまりにも感動的で、それ以来、中学、高校、大学と時を経て、
大人用のあの分厚い本を手にしてもそこばかり何十回も読んでは
感動して泣き、先に進めずに今日に至っていました。

なので、今回の映画をみて初めて「あぁ、こういうストーリーだったんだ!」と
知ることが出来ました

しかもユゴーはフランスの当時の時代背景も詳しく描写しているので
そういうことも含めて今度こそ本当に初めから最後まで読破しよう!!と
心に誓ったのです。

映画はたのし・・・
本も映画もイマジネーションの宝庫ですね
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
6月24日(土)”ミュージック&ワイン”シリーズコンサート   会場:南麻布セントレホール 時間:15:00開演(14:30開場) 入場料: (ワイン・ドリンク付き)      一般当日:4000円、前売り:3500円、SMSサポート会員 2800円 主催:SMS チケット予約:南麻布セントレホール 03-5791-3070 アクセス:「広尾」駅1番出口より徒歩7分  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle