月の光


昨日は満月でしたね。

午後レッスンした生徒さんから聞いていたのに
そのまま夜、千葉からレッスンに見えた桐朋出身のピアニストの方にドビュッシーの
「月の光」をレッスンして、曲想をイメージしていただくため、
月について話したらまた同じことを言われ、ハッと思い出しました。

              月の光


写メを撮ったというその方から頂いた写真ですが、
霞がかかった月・・・まさに「月の光」の曲が聞こえてきそうですね!

この曲の指示として「アンダンテ、とても感情豊かに」とあります。
でもフランス音楽の場合、これをドイツ音楽のように感情たっぷりに弾いてしまうと
野暮ったくなってしまう危険があります。
感情をこめながらあくまでもさらりと・・・う~ん、ちょっと分かりにくいですかね。
左の波打つような伴奏部分はロマン派のようにあまり強弱をつけすぎない方がいいですね。

夜の静寂にはフランスの響きって何故かしら、しっくりきます。




スポンサーサイト

Motokoのサロンコンサートのご案内♪


しばらくご無沙汰しました!

今日は友人ヴァイオリニスト所素子さんと
リハーサルを行いました。

そして弦楽器との合わせってものすごく久しぶりだってこと、先ほど気づきました(笑)!

やっぱり弦っていいなぁ・・・・
一度出した音でも自在に膨らませたり、しぼませたり、微妙な
感情表現が出来るのが羨ましい!
ピアノは一度音を発したら減衰していくしかないですものね。

他の楽器と合わせることによって音楽がどんどん膨らむのが嬉しくて
4時間ちょっとがあっというまに過ぎて行ったリハでした!

なんのためのリハかといいますと。。。

12月8日(土)MOTOKOのサロンコンサート

ヴァイオリン:所 素子
ピアノ   :寺田 まり

場所: なごみ邸 (JR横浜線グリーンライン「中山」下車徒歩7分)

チケット:3000円 (要予約)

お申込み: なごみ邸にTEL かFAXでお願いします!
       045-929-1311 (TEL)
       045-929-1316 (FAX)

プログラム: モーツァルト ヴァイオリンソナタ KV454
       ヴィヴァルディ 四季 より”冬”
       ヴィターリ シャコンヌ
       小品 他


とても小さなサロンだそうで、すでにあと残り数席のみ、となっているそうですので
もしもご興味ある方がいらっしゃいましたら、お早めにご予約お願いいたします

私個人としましてはどの曲も好きですが、
特にヴィターリのシャコンヌが大好きです。
バッハ=ブゾーニのシャコンヌもそうですが、ああいう荘厳でドラマチックなものが
子供の頃から好きで、ものすごく神の存在を感じてしまうのです

さて、今日も写真がないので、
先々週撮った主人と姪&甥の写真なぞを・・・

              Uncle Peter with his niece  nephew

          主人、ブログ初登場☆







various


夏頃からものすごいテンポで一日が刻々と過ぎていきます。
アッチェルランド・・・どこまで行くのでしょう

全然新しい情報がアップできていない状態なのですが、
来月初めにはヴァイオリンリサイタルの伴奏、歌の伴奏、そして恒例の
港北小学校でのアウトリーチ、と続きますので
自分の練習に加えてこちらの練習。

そして今本もCDもかなりたまっているので、そちらもどうにかきちんと時間を取って
音楽や本と向き合いたいけど、移動時間、練習の合間などの
隙間時間を有効活用中です。

もっと要領がいいと、こういうこともさくさくっ、といくんだろうなぁ、と
思いながら、相変わらず要領悪く、どたばたもがいてる感じ?!
時間管理をもう一度見直すのがまずの課題でしょうかね。

そうそう、国連支援協会北関東支部、及び 先だってご一緒させていただいたマカロンズさんの
本間修二さんのブログをリンクさせていただきましたので
ご覧くださいね♪

前者は数年前から何かとお世話になっていますが、いつも素晴らしいご活動をされています。
私も微力ながらたまにお手伝いさせていただけるのは、嬉しいことです。

マカロンズさんの楽しい公演を覚えていらっしゃる方も多いかと思いますが、
精力的な活動を展開されていらっしゃいます。

ではこれから練習に戻りま~~す

Welcome to the world, Leno !


今日は友人ジーリンのベビーちゃんに会いに病院に行ってきました

病院のエレベーターに乗り込むとご主人のTOMOとばったり。
「おめでとう!!」の一言に「かわいくってぇ~~!!!!」の一言で返されました
すでにメロメロパパ状態ですね!

ジーリンも”本当に出産したばかり!?”といぶかる位に元気でよかった、よかった

              P1020254.jpg
          なんだかすっかりママの顔になっていますね

それでもってワタクシ・・・・
              P1020255.jpg
          ちょっと力入っていますね(笑)


かなり長い間抱っこさせてもらいましたが、その間、表情がクルクル変わってかわいいの
指もものすご~~く長くて早くピアノさせてね。。なんて勝手に
気分はすっかりaunty Mariでした

蓮乃(れの)、という名前には蓮は汚い水の中からでも強く美しく咲く、ということから
芯の強い子に育ってほしいという願いが込められているそうです。
どんな環境にあっても凛として身も心も美しい蓮乃ちゃんになることでしょう。

蓮乃ちゃんを囲んで4人での優しい時間が流れました。

また会いに行くからね☆

     

演奏会続き!


秋になると美術館、演奏会が目白押しになり、
どの演奏会を聴きに行こうか、どの美術展に行こうか、と
嬉しい悩みが続きます。

先日は二日連続で素敵な演奏会を聴きに行ってきました

                秋は演奏会ラッシュ


まずは友人、K氏にご招待いただき、
茅ヶ崎文化会館でのStuttgarder Kammerorchesterを。
アルバン・ベルク弦楽四重奏団の第1ヴァイオリン奏者であり、ウイーン・フィルの
コンサートマスターをも務めていたギュンター・ピヒラー指揮で、
なんとも緻密で繊細な上質なアンサンブルを聴かせて頂きました。

やはりカルテットでの経験を活かしたかのような見事なアンサンブルと
上品な音色は丁度この季節にぴったりの音色だったように思いました。

Kさん、素晴らしい音楽のプレゼント、有難うございました

そして翌日は大好きなロジェのピアノ演奏会。
これは映像とのコラボコンサートでしたが、とてもシックな水けをたっぷり含んだ
感じの演奏会(言っている意味、お分かりになるでしょうか・・・)

ロジェの演奏は昔から大好きでしたが、
キラキラきらめく印象派の絵画を思わせるような色使いには
うっとり・・・
演奏を聴きながら、色々な風景や情景が心に浮かび、
70分間がつかの間の時間にしか感じられませんでした。

これで前回のロシアから、ドイツ、フランスの演奏家達の
演奏を続けて聴いたわけですが、
今回はどのコンサートもヒットでそれぞれに感じることがあり、
大きな収穫となりました。

素晴らしい演奏を聴いて私の心も脳も細胞もプチプチと何か音を立てています。

音楽と毎日向き合い、こうして素晴らしい演奏に出会えると
無常の喜びを感じますね!

皆さんも素敵な秋、過ごしてくださいね




もう11月・・・!


昨日は世の中、Halloweenで仮装して楽しそうに街を歩いている人たちを見て、
アメリカにいた子供時代、夜、”trick or treating"しに行って
沢山のお菓子を袋に詰めてもらって嬉しかったこと、懐かしく思い返していました。

そんな中、レッスンしましたが、なんと生徒達からお菓子をもらってしまいました
わたしってなんて気のきかない先生なんでしょう・・・
凹みました
来年は覚えておこう

そして今日から11月。
あと2か月で今年もおしまい。
年々、時間が早回ししているように駆け足で通り過ぎていくような気がします。
今月末は本当はドイツ行を予定していたけど
あまりにこちらでやることが多すぎて泣く泣くキャンセルしたので
その分、しっかりとやるべきことやらなくては

実りの秋、勉強も遊びもしっかりやります
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
5月21日(日) 「ミューズの玉手箱」Vol.1           ゲスト:高野正人先生(精神科専門医)  会場:横浜イギリス館(みなとのみえる丘公園内)  時間:19:00開演(18:30開場)  チケット:3500円 (紅茶サービス付き)*要予約  お問い合わせ・申し込み:voixmuse@gmail.com  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle