FC2ブログ

いい音楽仲間🎶


昨年末ごろからソプラノ歌手のE-chanとよく会っています。

それまでは「ランチしようね。お茶しようね」といいながら中々お互いにタイミングが合わなかったのですが
何事にも’時期’ってあるのですね。

とにかく彼女からはこのところ色々な方に紹介していただいているのですが、
昨日はまたとても良いご縁をいただきました❤️

音楽家同士でなければ分からない喜びも悩みも共有できて、
お互いに助け合い、高め合っていくという仲間がいることはとっても心強いのです。

良い仲間を通して一緒に高みを目指していこうね!と話しながらの
楽しいひと時でした。

今後、私の音楽活動もまた幅を広げていけそうな予感がとても嬉しいです⭐️

E-chanともそのうちに共演ができることが楽しみです!

スポンサーサイト



「ミューズの玉手箱」の打ち合わせ、今度はアメリカがテーマ!


「ミューズの玉手箱」を3年前にスタートさせてから今年で3回目!

毎回、音楽に造詣の深い他ジャンルのスペシャリストをお招きして、ゲストの専門分野のお話と音楽とを
シンクロさせたちょっとユニークなコンサートシリーズです🎶

今年は11月15日(金)の夜19:15から横浜のイギリス館で開催します。
テーマは「アメリカ音楽のルーツと歴史」。

ゲストのAzby Brown氏のご先祖はアメリカ南部のまだ奴隷制度のあった頃からのご出身ということで
(「風とともに去ぬ」の時代のお話ですよ!)そういうお話からフォスターの音楽などができた背景について
二人でトーク(私はもっぱら聞き役として)しながら貴重なお話が聞けることと思います!
 
今回の打ち合わせでは演奏する曲目について色々と話し合いました。




Azby打ち合わせ
パフェ

この美味しそうな写真を見るとあまり打ち合わせという雰囲気はないかと思いますが、
本当にたくさんの音楽資料をAzbyからもらい、充実した時間でした。

後は私がプログラムを決めればいいだけです!

楽しみにしていてくださいね⭐️

武蔵野美術大学懇親会

昨日の夜はこちらにお邪魔してきました♪

武蔵野美大懇親会

勿論私は美大とは関係ないのですが、
現在ゲストレクチャーとしてウイーンから来日している美術家であり、作曲家の
Kurt Hoffenstetterさんとのある企画話のため、友人であり、武蔵美の講師をしている美術家、兼作家のAzby Brownさんが
引き合わせてくれました。

アート関係の友人は昔から多いのですが、いい意味でクレイジーな人が多く、私は
結構インスピレーションをもらえるから楽しいのです★
ここでいう「クレイジー」とは世間一般の「芸術家は変わっている」というそれとはまったく違い、
彼らの発想の柔軟性であったり、常識的な考えにとらわれない発想の素晴らしさを意味しています。

Kurtと奥さんのBarbaraさん以外にも、長澤忠徳学長先生やCMディレクターの中島信也先生などにも
紹介していただきましたが、皆さん本当におおらかで愉快な方方ばかり!

Azby, Kurt, Barbara,長澤学長
Azbyと中島信也さんと

昨日はKurtの作品についての説明を聞きましたが、
元々は美術から発生したアイディアを音楽に置き換えて作曲するというその面白さ、そして
それが単なる”面白いアイディア”に終わらず、音楽としての美しさに興奮してしまいました。

さて、ここからこの企画がどのように発展していくかうんと楽しみです!

ちなみに、友人のAzby Brown は私が企画している「ミューズの玉手箱」の今年のゲストとして
出演してくれることに決定しています。

そちらの準備もあるので、これから秋まで勉強、練習、勉強、練習・・・・・・

みなとみらいカワイ店にお邪魔しました★

昨日初めてみなとみらいのカワイ店にお邪魔しました!

キャパ50名のホールPlage(プラージュ=海辺)のピアノを試弾させていただきました。
ピアニシモがとても美しいピアノでドビュッシーを弾くと異なる層がきちんと弾き分けられて聞こえるので
気持ちがいい楽器でした。
素晴らしい楽器は沢山ありますが、良い楽器からは教えられることが沢山ありますのでいろいろな楽器を
弾くのが好きです♡

           At Kawai Hall Plage

                       カワイみなとみらいのスタッフの皆様と

小川芳典支店長、立石理店長と技術者の藤井さんとご一緒に。

この写真をみて知り合いの方が「受付嬢かと思いました」とコメントしていましたが
確かにそんな感じですね(笑)

受付にいらして以前表参道のパウゼで演奏したときにお世話になった吉田章子さんが
当日のチラシをコピーして見せてくださいました!
本当に10年前だったんですね!
パウゼでの演奏翌日にブラジルでの演奏会のために発ったことを懐かしく思い出していました。

今後、もしかしたら面白い企画ができるかもしれませんよ!
何かいい展開が期待できるときはワクワク気分です♡

そういえば、こんなものを見つけてしました!

                    コロコロ五線

これはスタンプになっていて、ちょっとした♪を書くときにこれをコロコロと転がすと五線譜がかけてしまうのです。

楽譜をちょっとだけ編集したり、生徒さんのレッスンにも重宝できそうですね!

カワイ楽器のみなさま、お世話になりありがとうございました!

「ミューズの玉手箱」 打ち合わせ☆


皆さま、GW,如何お過ごしですか?
関東はお天気にも恵まれたので、FBなどでは友人達の楽しそうな様子を眺めては楽しんでいました☆

私はと言えば、ひたすら暗譜に励む毎日です^^;)
とはいえ、試験のための伴奏曲の方はようやく目途がつきましたので
ようやく、ソロ曲とそれから来月24日のヴァイオリニスト素子さんとの伴奏曲を手掛けています。

大変、大変と言いながらも実は真剣に音楽漬けの毎日はそれはそれで結構幸せな時間と言うものです❤

昨日は6月1日のミューズの玉手箱の第2回目のゲストレクチャーをして下さる、小島ブンゴード孝子先生と、
先生宅にお邪魔しての打ち合わせでした☆
ミューズの打ち合わせ


パワポでのプレゼンと拝見しながら、デンマークにいつの日にか行ってみたいな、と思ってしまいました。
いらして下さる方がたもきっとデンマークについて興味を持たれること請け合いです!
私は今回初めてデンマークの作曲家の作品を知りましたが、
譜面の音符を音に起こし、先生のお話などとイメージを重ね合わせて行くうちに
曲を通して私なりの音楽が出来上がって来ています♪

美味しいケーキとお紅茶をご馳走になり、話題が広がる、広がる!
素敵な時間を長々とご一緒させて頂いてしまいました❤

先生のお話は勿論ですが、お人柄もものすごくダイナミックなオーラをお持ちな素敵な方なんですよ!
このところ、人生のお手本となるような素晴らしい目上の女性の方がたとご一緒させて頂く機会が増えてきていて
これから自分は女性として、ピアニストとしてどのように生きていきたいかを
あれこれ考えるようになりました。
ちょっとした人生のターニングポイントにきているのでしょうか。

脱線してしまいましたが、この素敵な先生のお話、そして私の北欧音楽をお聴き頂ければ嬉しいです!
まだお席はございますので、いらして頂ける方はこちらまでご連絡ください:

voixmuse@gmail.com

ミューズの玉手箱 webメール用チラシ
(画像をクリックして頂くと大きくなります!)


sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
寺田まり 復興支援チャリティーコンサート@倉敷 2020年3月21日(土) 会場:倉敷公民館 時間:開演17:00(開場16:30) 主な演奏曲目:ファリャ「火祭りの踊り」、ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」、グラナドス「スペイン舞曲」より。その他 前売り:大人3000円、学生1000円 お問い合わせ:寺田まりコンサート事務局 090−7995−3647(永田) 茨城 土浦市  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle