FC2ブログ

Motokoのサロンコンサートも楽しく終えました!


昨日はヴァイオリンの所素子さんとのコンサートを無事終了しました。
一回目から昨日に至る15回まで本当に毎回楽しくご一緒させていただけてこれたのは
ひとえに素子さんの素晴らしいお人柄のゆえでしょう。

そして会を増すごとに演奏だけでなく、素子さんとの仲も深まり、今ではすっかり
このシリーズが楽しみでなりません!

室内楽はソロと違い、自分の好きなように音楽を100%作ることは当然できませんが、
だからこそ、相方から思いもよらないことを教わったり、違う表現法の可能性を探ることができたり、と
楽しいだけでなくとても勉強になるのです。
しかも普段は一人で黙々と練習しているピアニストですが、室内楽だとリハーサルでは
真剣なリハの合間のおしゃべりタイムもあり、これがなんともお互いを理解し得る大切な時間なのです。

       77206008_3079071405440438_1658137511202914304_n.jpg

そして昨日は終演後に井戸雀琇さんにこーんなに素敵な写真の数々を撮っていただきました🎶

          リラックスしている私たち(画像をクリックすると大きくなります)
          
      79421001_574757970011449_2032415289387253760_n.jpg

そしていつも場所提供し、主催してくださっているなごみ邸の斎藤さんご夫妻と急遽譜めくりをお願いしたヴィオラの
諸橋恵子さんと。

77316838_753415881737308_4545668711775731712_n.jpg

今回は久しぶりにヴィタリーの「シャコンヌ」も弾きましたが、
初めて聞いた友人は「なんだかものすごいトラジックな事故が起きたイメージで聞いた!」と興奮気味に
語ってくれました。
悲劇的な事故、とはものすごい想像力だなぁと思いましたが、確かに緊迫したドラマ性を感じさせる名曲です。
私はもがき苦しみながら前進しようとする人のイメージが浮かんできます。

そして今回お初のベートーヴェンのソナタ作品30−2。
これがまた楽譜に書いてある情報量は当時の作曲家はほとんどそうでしたが、
その仲からベートーヴェンが求めたであろうスタッカートの意味、その中にはどこかテヌートを含まれていないだろうか、この音階パッセージはレガートにするかそれとも少しテヌートをつけるようにすべきかなど
本当にしっかりと分析をしないと演奏できないのですが、練習すればするほど
形が変わって見えてくるものが変化する。
これはいつかまた舞台に出してみたい曲の一つです。

そして来年は6月7日に決定しました🎶

次はなんの曲になるかしら。
昨日の時点ではドビュッシーも候補に上がっていましたので、そうだといいなと期待感が高まります。

来年で8年目!

もっともっとたくさんの素晴らしいヴァイオリンレパートリーを知り、新しい扉を
開けていきたいです。

今日でクローズド以外のコンサートはおしまいでしたが
今年は親友のタケが見事、皆勤賞でコンサートに来てくれました❤️
毎回短い間隔で演奏を聴いてくれているので前回の「ミューズの玉手箱」以来、
私の演奏する音色や奏法が変わったことにいち早く気がついてくれたのはほーんとに嬉しかったです!
タケ、ありがとう!

そしていらしてくださったみなさま、いつも素晴らしい場所を提供してくださるなごみ邸の斎藤ご夫妻、そして
素晴らしいヴァイオリンで多くの学びを与えてくださる素子さん、ありがとうございました❤️
スポンサーサイト



「ミューズの玉手箱」楽しく終えました!


毎日ぼやぼやしているとあっという間に日が過ぎていきますね。
チコちゃんに「ぼぉーっとしてるんじゃないよー!」と怒られてしまいそう!

コンサート後のご報告もFBでするとすっかり安心モードになってしまって・・・

今回は初の試みとしてゲストのアズビーのお話と音楽の内容がでてきたら、私も少し音楽的な説明を
補足しながら演奏する、というスタイルで休憩なしの90分間(実際にはかなり時間オーバーしてほぼ2時間)でした。
               75456694_10220025074046956_4224965286194839552_n.jpg
 
             75108957_10220025075206985_6414246082745729024_n.jpg
72591555_10220025077127033_4021155009096843264_n.jpg

これができたのはもちろんアズビーがクラシック音楽二ものすごく造詣が深いから可能だったスタイルなのですが、
とても一体感があって、聴衆の方がたの集中力も途切れないようにもっていけたのは
とてもよかったのではないかと思いました。

アズビーのお話もアメリカ南部の奴隷制度について、そして黒人が当時どんな酷い扱いを受けていたかを
スライドをもって説明してくれたのでイメージがより具体的にわかったのは本当に興味深く、
私も結構感情移入して演奏ができました。

私がアメリカにいた時はアメリカン・インディアンについて沢山学び、私にとってのアメリカというと
真っ先に思い浮かべるのがそのイメージなのです。
でもあの広大なアメリカですもの。
南部に行けば全く違う世界があるのですね。

いらしてくださった方がたにも初めて知る興味深いアメリカ史であったようで、
終わったその晩から沢山の方々から具体的な感想メールをいただき、楽しんでいただけたのが伝わってきて
本当に本当に嬉しかったです!

今度は別の会場でも再演を!というお声も幾つかいただいたのでかんがえてみたいとおもいます。

そして今度は別会場での日本語公演だけでなく、英語でも上演したいと思いました。

このコンサートシリーズは毎回横浜イギリス館で行っているのですが、
今年から新しくカワイピアノのShigeru Kawai 5が入っていて、とても弾きやすかったです🎶
横浜カワイさんに後援していただきました。
ありがとうございました!

終演後に神奈川カワイの支店長の小川芳典さんと愛弟子の杉本麻里子さんと一緒に。

              73446323_10220025075847001_8914297879472898048_n.jpg

そしていつも応援してくださっている玉川グループの皆様と
            75462241_10220025078407065_7066589879148216320_n.jpg
この画像もクリックしてください。間野伯爵、お許しを!
75492486_10220025077687047_851868108455936000_n.jpg

そして、今回、ロンドン在住の捜真時代のお友達が帰国したので来てくれました!
森ちゃん、ありがとう!
久しぶりにあう仲間との再会、嬉しかったなぁ。

あ、この写真は途中で切れてしまっているので、画像をクリックすると全体像がご覧いただけます。
こみ、タケ、ごめんなさい💦
77386698_10220025076327013_7246468684372246528_n.jpg

コンサート後の楽しみはこうしてみんなと音楽を共有できるところですね❤️

そしていつもお世話になっているわかよさんと後輩でいらっしゃるゆかりさん、そして私の生徒さんの
ていひろ君がお手伝いしてくれました。(ていひろ君は私の横で譜めくりしてくれました!)
ありがとうございました!

           75534821_10220025079087082_26969933602619392_n.jpg

Hakuju Hall9・1の批評文が掲載されました!


先月「ショパン」11月号に、
そして先週は「音楽現代」12月号に、9月1日のHakuju Hallでのコンサート評が掲載されました。

IMG-1768.jpg
IMG-1773.jpg
IMG-1886.jpg
IMG-1887.jpg

※画像をクリックすると大きく表示されます。

本当に素晴らしい評をいただき、身の引き締まる想いです!

もっともっと良い演奏ができるように精進していかなくてはいけませんね。
頑張ります!

最近つくづく思うのは一年間同じプログラムをなんども舞台に出す必要性です。
ピアノのレパートリーは豊富なので、ついつい新しい曲を勉強して舞台に乗せたくなるのですが、
そればかりでは演奏に深みをもたらすことは難しいので
これからは一生付き合っていきたいと思う曲は何度でも舞台にのせて
熟していこうと思います。

9月のレパートリーでいえば、グラナドスの作品やラヴェルです。
特にラ・ヴァルスはもっともっと磨きたい!

と、同時に新曲の開拓もしなければいけないですし、ひたすら勉強ですね!

今後ともみなさま、どうぞ宜しくお願い致します!

10月17日、ショパンの命日コンサート終了しました!

ドイツから戻り、今度は大急ぎでショパンの命日コンサートのための練習でした。

下北沢にある音倉カフェという小さなフレンドリーなカフェレストランで、
第一部はポーランド政府観光局の方のポーランドとショパンについてのご案内。
裏でお話を聞いていたら5年前のポーランド旅行を懐かしく思い出してしまいました。

今回もいつものように郁子さんがマネージャーのように
楽屋で髪の毛を丁寧に巻いてセットしてくれたり、ハンバーガーの差し入れをくださったりと
本当にありがたい存在です❤️

私は後半第二部で30分の演奏でしたが、久しぶりにショパンの有名曲をあれこれ
演奏していましたらショパンがとても近く感じられ、改めてショパンの音楽の美しさ、素晴らしさに
感じ入ってしまいました。

思えば、5年前のポーランド旅行をするうちに私の中でのショパン像というのが
固まったように思えます。
それまでは色々な捉え方のあるショパンの音楽、どれもいまひとつ私の中ではしっくりとこなかったり
理解できなかったのが、ポーランドの素朴で美しい風景の中を旅しながら
パリでの社交界の音楽もひとつだけど、やはり基本はここにあるのではないかと私なりに感じました。

IMG_1758.jpg
IMG_1759.jpg

このパソコンで編集して写真のリサイズの仕方が未だにわかりませんため、
大きく出てしまうのですが、クリックしていただくと全体の写真を見ることができます。

IMG_1760.jpg

素晴らしい歌手の佐野蒼さんもお母様といらしてくださりました🎶

IMG_1761.jpg

IMG_1763.jpg
IMG_1764.jpg

どうも思うように写真のサイズがいかずに見づらいですね💦😓

楽しい時間をありがとうございました!!

ショパンも天国で喜んでくれたかなぁ。

10月17日、ショパンの命日コンサート終了しました!

ドイツから戻り、今度は大急ぎでショパンの命日コンサートのための練習でした。

下北沢にある音倉カフェという小さなフレンドリーなカフェレストランで、
第一部はポーランド政府観光局の方のポーランドとショパンについてのご案内。
裏でお話を聞いていたら5年前のポーランド旅行を懐かしく思い出してしまいました。

今回もいつものように郁子さんがマネージャーのように
楽屋で髪の毛を丁寧に巻いてセットしてくれたり、ハンバーガーの差し入れをくださったりと
本当にありがたい存在です❤️

私は後半第二部で30分の演奏でしたが、久しぶりにショパンの有名曲をあれこれ
演奏していましたらショパンがとても近く感じられ、改めてショパンの音楽の美しさ、素晴らしさに
感じ入ってしまいました。

思えば、5年前のポーランド旅行をするうちに私の中でのショパン像というのが
固まったように思えます。
それまでは色々な捉え方のあるショパンの音楽、どれもいまひとつ私の中ではしっくりとこなかったり
理解できなかったのが、ポーランドの素朴で美しい風景の中を旅しながら
パリでの社交界の音楽もひとつだけど、やはり基本はここにあるのではないかと私なりに感じました。

IMG_1758.jpg
IMG_1759.jpg

このパソコンで編集して写真のリサイズの仕方が未だにわかりませんため、
大きく出てしまうのですが、クリックしていただくと全体の写真を見ることができます。

IMG_1760.jpg

素晴らしい歌手の佐野蒼さんもお母様といらしてくださりました🎶

IMG_1761.jpg

IMG_1763.jpg
IMG_1764.jpg

どうも思うように写真のサイズがいかずに見づらいですね💦😓

楽しい時間をありがとうございました!!

ショパンも天国で喜んでくれたかなぁ。
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
12月22日(日) 窓愛園でのコンサート  関係者のみ 茨城 土浦市  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle