決まりそうな予感・・・!


夜中にドイツの友人から起こされて、私の腰が重い事に業を煮やした友人が
コンサート主催者の下へ出向いて、二人で秋のコンサート日をきめてくれたと連絡がありました!!@@)
わ~~~い!!

ーーといっても何も今回はぐずぐずしていたのにはれっきとした理由がありまして、
こちらでのある仕事の日程がそのあたりに入るのかどうかと言う事も関係あるので
その返答待ちしていたからなのでした。
なので、彼らから知らされた曜日は現時点では仮予約。
でも面倒な事を進んでやってくれる友人達には本当に毎回のことながら感謝です❤

まだ発表は出来ないけど日にちが決まれば心も決まるというもの。
早速プログラムやら新しいプロフィールやらも用意しないとね。

花見月
スポンサーサイト

更新しなくては!


昨晩、パスポートの更新が近づいていることに気づき、大慌て!
10年なんてあっという間に経ってしまうものですね。

パスポートを眺めていたら、「免許の更新もかしら!」
ハッとして調べて見るとこちらも再来月に切れてしまうことが判明!
気が付いてよかった!

車の運転は運転の仕方すら覚えているのか妖しい私なので
本当に更新料払ってまで免許をキープする必要があるのか考えてしまうのですが、
まぁ、とりあえず・・・ということになるのかなぁ^^;)

ギリギリセーフ!


昨夜、新しいコンサートプログラムを作っている途中、気分転換に(あまりにもパズルがうまくいかずにいたので!)
ブログを書きましたが、
その甲斐があってか、提出期限ぎりぎり数分前にようやくプログラムが出来上がり、
提出することが出来ました!!

本当は予定した物とかなり違ったものになってしまいましたが、
人生なんてそんなもの!?^^;)
今迄殆どチャレンジしてこなかった領域ですのでちょっと緊張!
でも大昔、パリに留学した時も「フランス物が全然分からないから行かなくては!」という思いで
フランスに行ったら、今ではフランス音楽は最も得意の物の一つとなっているし、
数年前、ロシア物を始めたときもこわごわ手を付けたことを考えると
今回のプログラムというのもまた新しい感覚を取り入れてくれそうな予感がします。

でも未知の領域なので、楽譜を引っ張り出してはひっこめて・・・。
ある曲を弾いてみては辞めたり・・・の繰り返しでした。

                         楽譜の山

夜中ちょっと過ぎに終わり、ホッと一息。
昨日は紅茶でなく、親友からの柚子ほうじ茶を飲みました。
美味しかった❤

                             柚子ほうじ茶
このデザインも好きだなぁ…
お花の絵になんとも癒されました☆
捨てるのが惜しかったわ!

Making new concert programme

This is something that gives me pleasure and at the same time an awful stress --making new concert programmes !!

When you have a core of the programme, that makes it less stressful, as you have a certain "flavor" of what you want it
to be like. You can work around the main piece and the rest is just a matter of balance and time.

However such is not always the case, and at times, you are only allowed a short programme, in which case, you can't
have a chunky piece sticking out, so obviously the programme will consist of several short pieces.
To balance several short pieces is rather a tricky job.
And here I am, presented with such case.

Deadline is TODAY !!!

What shall I play?
What will be good for fall season ??
I have been pondering since 2 days now...

コンサートプログラムを決めるのは楽しくもありながら、苦しい時もあるのです。
大曲が一つ決まると意外にも後は楽だったりもするのですが、
沢山の小品を短いコンサートで演奏するときはどのようにアレンジしたらいい物か、頭を
悩ますところでもあります。

今日がプログラム提出期限の締切日。
でも他の仕事もたまりにたまってどのようにすればいいのでしょう・・・

気分転換が必要で先ほどもブログを更新したり、今もこうして独り言つぶやいています。

よし!気持ちを入れ直して頑張ろう!

春の訪れ❤


20年以上住んだデュッセルドルフの春の訪れの様子です!!
毎年、クロッカスがこのように咲き乱れると、なが~~い冬から解放された喜びで
Michel Fugainの”Le Printemps" (春)という歌を口ずさんでしまいます♪
この写真の中に飛び込んでしまいたい!!
            Crocus in Ddorf
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
5月21日(日) 「ミューズの玉手箱」Vol.1           ゲスト:高野正人先生(精神科専門医)  会場:横浜イギリス館(みなとのみえる丘公園内)  時間:19:00開演(18:30開場)  チケット:3500円 (紅茶サービス付き)*要予約  お問い合わせ・申し込み:voixmuse@gmail.com  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle