FC2ブログ

バースデー♪

昨日誕生日を迎えました。

hasshi bouquet
naomichan bouquet


こうして健康で幸せに誕生日を迎えられるってなんて有難いんでしょう!

今年はもっともっと音楽バカになって、音楽との時間を密にしたいし、同時にもっと広い世界を旅してみたい、と
思うのです。
どうやら年々欲深くなるようです^^)

9月のリサイタルに向けてほぼ全曲新曲という恐ろしいことをしていますが、
もっとペースを上げて今のうちに演奏しておきたい曲を必死に勉強しないと、となんだか妙な焦りも感じたりして💦

夜はいつも応援して下さっている郁子さん達のグループにお祝いしてもらいました。
いい友人を持てるとそれだけ人生が豊かになりますね。
感謝です♡

「プラス1歳」、頑張ります!

スポンサーサイト

曲と必死に向き合ってます!

世間が10日間のGWと喜んで楽しいムードに包まれている頃から
私はこのような楽譜の山と格闘中でした(現在進行形!)

                     楽譜の山

毎年この時期は恒例のTrinity Music Grade Examで受験者たちの伴奏をするので
大量の楽譜と必死の譜読みをしながら、レッスンと合わせのリハーサルでこちらも受験生並みの練習量となります。
今年はそしていつもに増してチャレンジングな曲が多いので、時間との戦いです。

写真の上半分がTrinity伴奏用楽譜。

下半分は私自身の曲。
9月にリサイタルがあるのですが、ほぼ全曲新曲!!
久し振りにこんな無謀なことをしてしまったのですが、素敵なプログラムができることを思えば妥協したくなかったので。

昨日は9時間ぶっ続けで生徒のレッスンと伴奏合わせ。
流石にその後は自分の曲の練習をする予定が全然だめで、仕方ないので少しだけ事務仕事をしたあと、
これまた9時間寝てしまいました!

今月中は密の濃い月になりそうです。
しっかりとプラン立てて勉強しなくては!

New Emperor & Empress, New Era Name 令和時代の始まり!


We have a new Emperor and Empress and a new Era Name as of today !

Reiwa is the name of the new Era and it has a positive and warm ring to the sound and I cannnot
but hope this Era will bring happiness and peace to the world and to Japan.

今日から待ちに待った令和の時代の始まりです★

新天皇の穏やかでどっしりとしたオーラ、そして皇后さまとなられた雅子さまの輝くような笑顔は
本当に美しく、感動してしまいました。

                両陛下
新天皇、皇后両陛下
雅子さまの笑顔

令和になっても演奏を通して沢山の場所を訪れ、演奏していきたいと思っています。
令和でもどうぞよろしくお願いいたします♪


幸せで平和な令和時代でありますように・・・!

「令和」に決定!


「令和」が発表されてからの初投稿です!

昨日は明け方まで色々と仕事をしていて寝不足気味でしたが、
新元号発表の瞬間を見逃してはいけないと思い、
朝からず~~~~っとテレビにくぎ付けでした。

実際に新元号が使われるのは皇太子さまが天皇になられてからのことですが
(当然ですね!)、皇太子さまに相応しいかのような優しさと安定感・安心感を
感じさせる素晴らしい元号ですね★

漢字には文字そのものに含まれる意味があるというだけでなく、
眼から入る”印象”というものも重要な要素があるというところが表音文字と違いますが、
古来から日本人の繊細な感性というのは漢字とひらがなを使い分けることで
更に美意識も磨かれたのではないかと思います。

テレビである書道家が「平成は平なイメージだったけど、令和というのは富士山の山のように
上に飛翔していくイメージでこれから明るい時代が来る予兆を感じさせる」という意味合いのことを
話していました。

一昨日、倉敷公演から戻りましたが、そこで見つかった課題も今まだにない考えでしたので
「令和」と共に頑張りたいです!

切羽詰まっていると逃避したくなるの!

コンサートや試験前(これは学生時代ですね)になると、練習しなくてはいけないのに、
勉強しなくてはいけないのに、直ぐに逃避行動に出てしまう癖があります。

いきなり、それまでほっておいた本をむさぶるように読み始めたり、
必要以上に掃除をしたり、お料理の新しいレシピに挑戦してみたり!^^;)

お料理は普段から練習の合間の息抜きになるのと、
無心になれるのである意味セラピーなのですが、
コンサート前は感覚が研ぎ澄まされてくるのでお料理も色々とカンがさえて初めてのものでも
ちょっとアレンジして美味しいものができたりするんですよ♪

いま、このブログ書いているのも逃避行為でしょうか?(笑)

そろそろピアノに戻りましょう★
sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
2019年5月 Trinity Music Exam Accompaniment  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle