FC2ブログ

横浜市立港北小学校でのアウトリーチコンサート、終了しました!

今日は年一回恒例の港北小学校でのアウトリーチコンサートでした。

今年から新しく音楽の田中千恵先生になり、クラスに入ると
このような素敵なウエルカムボードを作ってくださいました♪

            港北小コンサート

いつも朗らかでエネルギッシュに迎えてくださる安富校長先生とご一緒にお写真を撮らせていただきました♡

今年はドビュッシー没後100年ということでテーマはドビュッシーを選びましたが、
偶然とはいえ、パリで彼の博物館や明治展を訪れて強烈なインパクトを与えられたことが
未だに私のインスピレーションとなり、演奏にもいい具合に反映されているというのは
なんてタイムリーで幸せなことなんでしょう!

今日はドビュッシーの音楽の多様性について駆け足で紹介してみました。

今年はいろいろと今まで勉強してきたことが自分の中で別の大きな形で理解できるようになっているような気がします。

いつも快くこうしてみたい、ああしてみたいという提案にご協力下さる安富校長先生、コーディネーターの山下春美さん、
そして今回トークする側面から素晴らしくサポートしてくださった音楽の田中千恵先生に感謝申し上げます!

そしてその後は、いつもお着物姿が美しい(前回のブログの写真にもお友達とお二人で着物の後ろ姿が写っています!)仲良しの直実ちゃんとご一緒に五島美術館へ行きました。

              お着物姿直実ちゃんの
直実ちゃん

秀吉が妻にあてた手紙や利休の作った茶筅などもありました!

秀吉の手紙のだいたいの内容は説明に書いてあったので理解できましたが、
本当はあの字が解読できたらもっとどんなにか感じるものが違ったのだろう、と残念にも思いました。

お金を持った人達のこのような素晴らしい美術館として沢山の人たちに公開してくれる器の大きさを有難く思ったのでした。

パリでは今年が日仏友好160周年ということで「明治展」という素晴らしい展示会を見に行き、ものすごい感銘を受けたばかり。
ジャポニズムが当時のフランスの芸術家たちに与えたであろう衝撃を私自身感じ、今まで分からないから、と
少々敬遠していた日本文化の素晴らしさにようやく開眼したばかりでした。

そういえば今回のヨーロッパでの様子をブログに挙げていませんでしたので、
少しずつ”回顧録”のように載せていきますね。


スポンサーサイト

Music and Wine Concert , 無事終了しました♪


The concert may begin !

南麻布セントレホールでの”Music & Wine Concert”、無事に終了しました!
今まで何年間もお世話になってきた大好きなホールなのですが、年内に閉鎖することになったので
今回のコンサートが私にとってはここでの最後のコンサートでした。

ここにあるヴィンテージのSteinway のピアノの音色が大好きで、演奏するうえでのインスピレーションも
沢山与えられて演奏してきたので、最後は自分の一番思い入れのあるフランス・プログラム。

ドビュッシー、ラヴェル& ショパン。

パリでの1週間がとても密の濃い毎日で美術館にも3か所行き、
本当に感性に訴えかけられる生活をしてきたおかげで
フランス物を演奏できたのは自分としてはとてもタイムリーでした。

しばらくフランス物は封印し、ほかの勉強もしていましたが、
やはりフランス物は心が弾いていてとても楽なのと、アイディアが頭の中で常にスパークしているのです。
最後はここに落ち着くのかなぁ・・・

セントレホールコンサートトーク

いらしてくださった皆様、そして
いつも温かくサポートしてくださるセントレホールの鈴木達也理事長はじめ、スタッフの皆様に心から感謝を申し上げます♡

金沢ピアノコンクールの審査に行ってまいりました!

ヨーロッパからもどり、今度はすぐに金沢へコンクール審査に行ってまいりました。

久し振りの金沢で心ウキウキさせながら駅に降り立つと、なんと・・・

               Arrival @Kanazawa

初めて見る晴天の金沢!!
タクシーの運転手さんも興奮気味にそれがいかに珍しいことかを話していましたので、ラッキー♪

ホテルについて間もなく、お世話になった直江久美子先生がいらしてくださり、ほかのお二人の審査員の先生方にもおめにかかりました。

コンクール会場について、いよいよ<金沢市音楽コンクールピアノコンクール>の開始です!

                 金沢音楽コンクールピアノコンクール

初日は83名!
金沢の皆さんは本当に熱心な生徒さんがたくさんいらっしゃいますね!

演奏を聴き、コメントを書いているとあっという間に初日は終わりました。

温かい笑顔がとても素敵な武蔵野音大の准教授でいらっしゃる新井和子先生とご一緒に
焼き鳥屋さんで美味しく、楽しく夜中近くまでおしゃべりに興じてしまいました♡

                   新井和子先生と

そして二日目は76名の受験者。

二日間集中して演奏を聴いていると本当にいろいろなことを考えさせられますね。
自分の演奏にも当てはめて考えてみたり、とても密の濃い時間でした。

審査の合間には美味しいランチや金沢らしいお菓子もごちそうになりました。

                  lunch box
金沢のお菓子

お菓子の金箔は金沢ならでは、ですね♡

とてもいい経験をさせていただき、戻ってきました。

お世話になった直江久美子先生はじめ、スタッフの皆様、ありがとうございました!!

容子さんと妙蓮寺探検しました!

今日はマカロンズの石川容子さんが久しぶりにレッスンに来ました!

            容子さんレッスンに来ました

マカロンズさんとはもう5,6年前になるでしょうか。
茨城のチャリティーコンサートがきっかけで共演させていただき、お互いに音楽のジャンルは違うけれども、
だからいろいろと学びがあった楽しいセッションだったのが印象的でした。

今年の春に容子さんと久しぶりにお食事させていただき、またこうしてご縁が復活したのは嬉しいことです♡

容子さんはステージ経験も豊富なので、曲の要点をつかむのがお上手。
今日はシューベルトの光と影の絶妙なバランスについて説明し、手首の使い方をについて主にお話しました。

ふと思えば、今、シューベルトをレッスンのメインピースとして持ってきている生徒さんが多いわ!

レッスン後、近所のインド・ネパールレストランに初めて行きました。
意外に近所でお食事する機会ってないものですよね。
きょうのメニューはチーズキーマだというのでそれを頂きました。
おいしかった~~~!!!

              インド料理

また食べに行くわ!

容子さんがお寺や神社巡りが好きで、ランチの帰りは妙蓮寺に行きたいというので、
私も折角なのでお付き合いさせていただくことにしましょう。


でもその前にレストランを出た真正面のところに芸術をつかさどる弁天様がいらっしゃるのよ、とお教えしたら
そこも寄りましょう、ということになりました。

                    弁天様で

お互いにコンサートまじかなので成功のお祈りかな??

そして妙蓮寺へ。
                        妙蓮寺

滝があるんですってね、という容子さんに初耳だと、わたし。
耳を澄ましてみると近くで水音が聞こえる!
                   妙蓮寺の滝

私ここにきて何年にもなるのに初めて知ったわ!と言ったら
「駄目じゃないの!」といわれてしまいました。

今日はレッスン後の小一時間でローカルになんとも楽しめたのは容子さんのお陰ですね♡
そしてお写真も全部容子さんから頂きました。
容子さん、ありがとうございます♡

思いがけずにお参りもできて、いい気も浴びたので気分爽快なひと時でした♪

台風の日のカルテット

今年は台風や自然災害の発生率が高くて一体どうしてしまったのでしょう!

おととい、関東にも台風24号が上陸し、友人宅のエリアでは停電や断水があったそうでした。

このところ、私はお籠り生活し、ひたすら練習をしていましたが、
唯一、カルテット・アマービレという若く優秀な弦楽四重奏団の演奏をずっと
楽しみにしていましたので、長靴にレインコートという重装備で出かけました。

幸い都立大のパーシモンホールでしたので、急いで演奏だけ聞いて帰ってくれば大丈夫!と。

ホールのシートに身をうずめるとなんと岩崎淑先生が前の席にいらっしゃる!
休憩中、先生の所へ駆け寄ると、つい2日前にこのカルテットをプラハの音楽祭へお連れになったそうで
少々お疲れのご様子にもかかわらず、相変わらず素敵な装いでいらっしゃり、自分の格好をみてはずかしくなってしまいました!
常日頃から美しい装いをするという心掛けをしないといけないですね^^;)

プログラムの1曲目はハイドンの77番「皇帝」。
現在のドイツ国歌であるメロディーがこの曲の2楽章に用いられていて、
久し振りにこの美しいメロディーを聞きながら、このような旋律を国歌を持つドイツへの思いがあふれてきて、
涙を抑えるのに大変でした。

続いてドビュッシー、そしてラヴェルが演奏されましたが、
なんとも質の高い素晴らしい音楽性をもったこのカルテットの演奏に感銘を受けました。

                                Quartet Amabile


特にチェロの笹沼樹さんは今年の春に朝日カルチャーでたまたま初めて演奏に接する機会があったのですが、
その表現力の素晴らしさにすっかり心を奪われていましたので、今回も実は彼の演奏がお目当てでした。
彼の演奏はなんとも私の感性にぴったりくるものがあって大好きですが、
他のメンバーの方々もそれぞれに素晴らしかったです!

家に戻ると、まるでそれが合図であったかのように、いよいよ台風到来となりました。
ふぅ、危機一髪!

先週倉敷のコンサートでお世話になっている方からの巨峰を頂きながら
演奏会の余韻に浸っていました。
                        ぶどう!

ムラケさん、ご馳走さまでした!

sidetitleプロフィールsidetitle

Mari

Author:Mari
7歳よりアメリカ、高校よりドイツに住み、エッセン国立音楽大学、同大学院、エコール・ノルマル音楽院研究科を経て、キジアーナ音楽院にて名誉ディプロマ受賞。ルーセル国際コンクール最優秀ドビュッシー賞、ローマ国際コンクールフランク賞ほか、SYMFコンクール、南カリフォルニア・バッハコンクール、レコーディング・コンペティション等で上位入賞。’97年、日本デビュー・リサイタル開催(カザルスホール)、NHK-FMリサイタル出演。’98年、「音楽の友」2月号「日本人演奏家ジャンル別話題のコンサート‘97」に選出。CD「シューマン」。「ドビュッシーピアノ作品集」が「レコード芸術」、「ショパン」誌で特選盤に選出。

詳しいプロフィールはこちらhttp://mariterada.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleSCHEDULEsidetitle
11月13日(火)横浜市立港北小学校 アウトリーチコンサート  関係者のみ  
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle